本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワフリームスの種類と特徴:どのモデルを選ぶべきか?

ダイワ

⇒【サイズ詳細】ダイワ フリームス

新たに開発されたカーボン含有樹脂ZAION Vをボディ素材に採用する事により、高い剛性と更なる軽量化を実現。

また、ZAION Vの採用で大幅に軽量化されたエアローターにより、回転レスポンスが更に向上。

実売価格15400円 21フリームスLT5000-CXH購入。いざ開封。

⇒【操作性抜群!】ダイワ フリームス

はじめに

ダイワフリームスは、日本の釣り具メーカーであるダイワが展開するスピニングリールのシリーズです。高い操舵性や耐久性、そして釣り人の快適性を追求したモデルが多数ラインナップされています。しかし、豊富なラインナップの中からどのモデルを選べばよいか迷うこともあるでしょう。そこで、ダイワフリームスのリール種類と特徴を解説し、どのモデルを選ぶべきかを考えていきます。

ダイワフリームスのリール種類

ダイワフリームスには、以下のようなリールがあります。

・19 フリームス LT

・19 キャタリナ LT

・19 セルテート LT

・19 タトゥーラ LT

・19 ソルティガ BJ LT

・18 フリームス A

・18 フリームス LT

・17 エメラルダス MX

・17 ソルティガ BJ

それぞれの特徴を見ていきましょう。

19 フリームス LT

軽量かつコンパクトでありながら、強度や操作性に優れたモデルです。ダイワフリームスの中でも特に人気が高く、初心者から上級者まで幅広い層に愛用されています。

19 キャタリナ LT

大型魚や遠投が必要な場合に適したモデルです。強靭なボディとスプールにより、強い引きにもしっかりと対応できます。

19 セルテート LT

軽量かつ高い剛性を持ち、ラインの巻き上げがスムーズなモデルです。高い操作性と快適なフィーリングを実現しています。

ダイワ フリームスでショアジギングはリトリーブスピードに変化がつけやすい

19 タトゥーラ LT

高精度でスムーズな回転を実現し、繊細なアプローチにも対応するモデルです。釣果にこだわりを持つ釣り人に向けたモデルと言えます。

19 ソルティガ BJ LT

大型の青物やヒラマサ、カツオなどの遠投に適したモデルです。高い強度と操作性、そしてリアルなフィーリングを追求したモデルと言えます。

18 フリームス A

大型魚に対応するために設計されたモデルです。

18 フリームス Aは、高い剛性を持ちながらも軽量で、遠投や大型魚にも対応できるモデルです。フルメタルボディにより強度が向上しており、高い操作性とフィーリングを実現しています。

18 フリームス LT

軽量でありながら、高い剛性と操作性を持つモデルです。ロングキャスト性能にも優れており、遠投からのラインの巻き上げにも対応できます。初心者から上級者まで幅広い層に人気があります。

17 エメラルダス MX

エギングに特化したモデルで、高い精度と操作性を実現しています。スプールにはPEラインを巻くことができ、より遠くにキャストすることができます。

17 ソルティガ BJ

大型の青物やマグロ、キハダなどにも対応するモデルです。高い強度と操作性を兼ね備え、大物釣りに欠かせない性能を持っています。

どのモデルを選ぶべきか?

ダイワフリームスには、釣りの種類や釣り人のレベルによって選ぶべきモデルが異なります。以下に、それぞれのモデルの適した用途をまとめました。

初心者向け:19 フリームス LT、18 フリームス LT

軽量で操作性に優れ、初心者でも使いやすいモデルです。遠投からのラインの巻き上げもスムーズに行えます。

中級者向け:19 セルテート LT、19 タトゥーラ LT

操作性と精度に優れ、釣果にこだわりを持つ中級者向けのモデルです。繊細なアプローチにも対応できます。

上級者向け:19 キャタリナ LT、19 ソルティガ BJ LT、18 フリームス A、17 ソルティガ BJ

大型魚や遠投にも対応し、高い強度と操作性を持つモデルです。釣り人の技量や釣りの種類に応じて、適したモデルを選ぶことが重要です。

まとめ

ダイワフリームスには、釣り人のニーズに合わせた豊富なラインナップがあります。初心者から上級者まで、幅広い層に人気のあるモデルが存在します。適切なモデルを選ぶことで、釣りの楽しみ方をより深めることができます。

初心者には、軽量で操作性に優れたモデルがおすすめです。特に、19 フリームス LTや18 フリームス LTは、初心者でも使いやすく、遠投からのラインの巻き上げもスムーズに行えます。

中級者以上の釣り人には、操作性と精度に優れたモデルが適しています。19 セルテート LTや19 タトゥーラ LTは、釣果にこだわりを持つ中級者に向けたモデルで、繊細なアプローチにも対応できます。

また、上級者には、大型魚や遠投にも対応し、高い強度と操作性を兼ね備えたモデルが必要です。19 キャタリナ LTや19 ソルティガ BJ LT、18 フリームス A、17 ソルティガ BJは、釣り人の技量や釣りの種類に応じて、適したモデルとなります。

ただし、釣りの種類や環境、目的によっては、上記のラインナップ以外のモデルも適している場合があります。その際は、専門店や釣具メーカーのサイトなどで情報を収集し、適切なモデルを選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました