本ブログはプロモーションが含まれています

【初心者必見】ダイワ TGベイトの使い方を実演動画で紹介!

ダイワ

⇒【爆釣確定!】ダイワ TGベイト

「より小さいシルエットで重いジグを」というニーズに応えた高比重素材ジグ。

ターゲットが極小のベイトを選んで捕食しているシチュエーションで爆発的な威力を発揮する。

初めてルアーフィッシングを始める方にとって、ルアーの使い方は難しいものです。特にダイワ TGベイトは、その特殊な形状から初心者にとっては扱いにくいと感じることがあるかもしれません。そこで今回は、ダイワ TGベイトの使い方を実演動画で紹介し、初心者でも簡単に使いこなせるようにする方法をご紹介します。

【ダイワ TGベイトの使い方を実演動画で紹介】

まずは、ダイワ TGベイトの使い方を実演動画で紹介します。動画の中では、基本的な使い方から応用技までを紹介しています。ダイワ TGベイトの特徴や、その使い方を知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

【ダイワ TGベイトの基本的な使い方】

ダイワ TGベイトの基本的な使い方は、以下の通りです。

キャスト
リトリーブ
フォール
ラインスラック調整
まずは、キャストから始めます。ダイワ TGベイトは、風に流されにくいため、遠投が可能です。リトリーブ中は、ラインスラックを取りながら、ジグを自然に泳がせるようにします。このとき、ジグが底につく瞬間を見逃さないようにしましょう。フォール中は、ラインを弛めてジグを自然に沈めます。また、ラインスラックを調整することで、自然な泳ぎを演出することができます。

青物入れ喰い TGベイト VS HIDEYOSHI 玄界灘ベタ凪釣行 前編

⇒【爆釣確定!】ダイワ TGベイト

【ダイワ TGベイトの応用技】

ダイワ TGベイトの応用技として、以下のものがあります。

ステイ
ツイッチング
フォール&リフト
ダート
サスペンド
ステイは、リトリーブ中に、ジグを止めることで、不自然な動きを演出することができます。ツイッチングは、ロッドを短く振ることで、ジグを不規則に動かすことができます。フォール&リフトは、フォール中に、ラインを引っ張ることで、ジグを上げることができます。ダートは、ロッドを急に引いて、ジグを急に動かすことで、魚に刺激を与えます。サスペンサスペンドは、ジグを水中で一定の深さで停止させることができる技術です。ステイと似ていますが、水深を意識した釣りになります。サスペンド中に、ジグを少し動かすことで、不自然な動きを演出し、魚にアピールすることができます。

これらの応用技を駆使することで、より効果的な釣果を得ることができます。また、一つの技術だけでなく、組み合わせることで、より多彩なアクションを演出することもできます。ただし、応用技を使用する際には、ロッドやリール、ラインなどのタックルが適しているか、または状況に応じて変更する必要があるため、注意が必要です。

ダイワ TGベイトは、応用技を使った釣りにも対応し、幅広いシチュエーションに対応することができます。釣り人の腕によって、より効果的な釣果を期待することができます。

ダイワ ブラックレーベル LG 631MRBのインプレ 投げた時の竿の強さを実感!

タイトルとURLをコピーしました