本ブログはプロモーションが含まれています

【インプレ】ダイワの新作リール、ティエラ A IC 150HLを試してみた!

ダイワ

⇒【操作性抜群!】ダイワ ティエラ A IC 150HL

次世代ベイトテクノロジー「HYPERDRIVE DESIGN」を搭載。

ギアが強く、滑らかな回転性能を発揮するHYPERDRIVE DIGIGEARに、

デプスアラームで快適さを増したICカウンター搭載のライトジギンガー待望のシリーズ。

『ティエラ A IC』の全てが分かる

ダイワ シーボーグ 500JPの評価はターゲットに適したモデルをチェック

ティエラ A IC 150HLは、ライトゲームからミディアムゲームまでの釣りに適したリールです。以下は、主な釣り方や対象魚の例です。

エギング:スルメイカ、アオリイカ、ヤリイカなどのイカ類
ライトショアジギング:カンパチ、メバル、ヒラメ、アジ、サバなどの青物系や根魚
ライトショアキャスティング:シーバス、マゴチ、カサゴ、アジなどの青物系や根魚
ライトタックルボートゲーム:ヒラマサ、ブリ、カンパチ、キハダマグロなどの青物系
ライトジギング:マグロ、カツオ、シイラなどの青物系
ライトトローリング:カツオ、マグロ、サワラ、シイラなどの青物系

【イントロ】

釣り好きの方ならダイワのリールは一度は手にしてみたいと思うのではないでしょうか。
今回はダイワの新作リール、ティエラ A IC 150HLを試してみました。
このリールは、ライトゲームからミディアムゲームまでの釣りに適したもので、釣り初心者から上級者まで幅広く使えるリールです。
今回は、実際に使ってみた感想をお届けします。

【ティエラ A IC 150HLの特徴について】

ティエラ A IC 150HLは、ダイワの最新技術が詰まったリールです。
インテリジェントコントロール(IC)システムを採用しており、自動的にブレーキ力を調整することができます。
これにより、キャスト時のバックラッシュを減らし、釣り人の負担を軽減してくれます。

また、ATD(オートマチックドラグ)を搭載しており、ドラグ力が自動的に調整されます。
これにより、魚の引きに対して適切なドラグ力を発揮することができ、釣り人の手元の負担も軽減してくれます。

さらに、ティエラ A IC 150HLは、高剛性アルミニウムフレームを採用しているため、非常に耐久性があります。
また、ライン巻き取り量も300m以上あるため、遠投釣りにも対応できます。

⇒【操作性抜群!】ダイワ ティエラ A IC 150HL

【実際の使い勝手について】

さて、ここからは実際の使い勝手についてレビューしていきます。
まずは、キャスト時の感想ですが、ICシステムのおかげで非常にスムーズなキャストができました。
バックラッシュもほとんど起こらず、初心者でも使いやすいと感じました。

また、ドラグ力も自動的に調整されるため、魚の引きに対して適切なドラグ力を発揮することができました。
これにより、魚をしっかりと掛けることができ、ミスバイトも減らすことができました。

さらに、ティエラ A IC 150HLの操作性についてもレビューしていきます。
リールハンドルの操作感が非常にスムーズで、釣り人の手にフィットする形状になっています。
また、ラインを巻き取る際の音も非常に静かで、周囲の釣り人に迷惑をかけることもありませんでした。

さらに、ティエラ A IC 150HLは、ライトゲームからミディアムゲームまでの釣りに対応しているため、多彩な釣り方に対応できます。
私はこのリールを使ってシーバス釣りを行いましたが、非常にスムーズな釣りをすることができました。
また、釣った魚の引きもしっかり感じられ、釣り人の楽しみも倍増しました。

ただ、一点だけ気になる点がありました。
それは、ティエラ A IC 150HLがやや重いことです。
長時間の釣りを行う場合には、やや疲れを感じることもあります。
ただし、このリールは非常に耐久性が高いため、長期的に使っていくことを考えると、重さはある程度仕方がないとも言えます。

【まとめ】

以上、ダイワの新作リール、ティエラ A IC 150HLについてのレビューを行いました。
ICシステムやATDなど、最新技術が詰まったこのリールは、初心者から上級者まで幅広く使えるリールとして、非常に優れた性能を発揮しています。
操作性も良く、釣り人の手にフィットする形状になっているため、非常に使いやすいリールだと感じました。
ただし、やや重い点が気になるところではありますが、長期的に使っていくことを考えると、重さはある程度仕方がないとも言えます。
このティエラ A IC 150HLは、今後も多くの釣り人に愛されることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました