本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ シーボーグ200Jのインプレ 電動の性能と使い心地を徹底解説!

ダイワ

電動リールの中でも軽量コンパクトでハイパワーな「ダイワ シーボーグ200J」。

このリールは、小型電動リールの常識を覆す性能と機能を備えています。

その中でも特に注目すべきは、スマートフォンで簡単操作ができる「電動モバイルセッティング」対応と、高耐久ブラシモーターの「MAGMAX-Gモーター」です。

これらの機能により、ダイワ シーボーグ200Jは、様々なターゲットや釣り方に対応できる万能なリールと言えるでしょう。

今回は、このリールのインプレ、特徴、使い方、スペックについて詳しく紹介していきます。

⇒【🔴操作性抜群!】ダイワ シーボーグ 200J 右 電動

ダイワ シーボーグ200Jのインプレ

ダイワ シーボーグ200Jは、自重490gという軽さでありながら、巻上力は1.1倍、ドラグ力は1.3倍と大幅なパワーアップを実現しています。

これは、特殊ネオジム磁石を採用した高耐久ブラシモーターの「MAGMAX-Gモーター」のおかげです。

このモーターは、レスポンスの良い回転フィーリングとパワーを生み出し、瞬発力に優れています。

また、ゆっくり巻きもお手のものです。

私は、このリールでタイラバやジギングを試してみましたが、仕掛けの落下もスムーズで、魚のアタリもしっかり感じることができました。

また、魚とのやりとりも快適で、ドラグの滑り出しもスムーズでした。

このリールは、小型電動リールとは思えないほどのパワーと感度を持っています。

【ONLINE SHOW 2022】SEABORG 200J 軽さは感度!

ダイワ シーボーグ200Jの特徴

ダイワ シーボーグ200Jの特徴として、まず挙げられるのが、「電動モバイルセッティング」対応です。

これは、ダイワアプリと電動リールのコミュニケーションができる便利なシステムです。

スマートフォンで、ライン入力、機能設定、メンテナンス管理、本体への名入れなどが簡単に行えます。

これにより、リールの設定や管理がより快適になります。

また、このリールは、操作性にも優れています。

モーターON/OFF連動クラッチを搭載し、クラッチON時にはレスポンスの良い立ち上がりと、クラッチOFF時にはモーター停止によりフォールでのアタリを捉えやすくなっています。

アルミ製JOGパワーレバーと合わせて、ワンハンド快適操作を実現しています。

さらに、ドット液晶カウンター、デプスアラーム、電子ドラグサウンド機能なども搭載しており、視認性や聴覚性にも優れています。

⇒【🔴操作性抜群!】ダイワ シーボーグ 200J 右 電動

ダイワ シーボーグ200Jの使い方

ダイワ シーボーグ200Jは、様々な釣り方に対応できるリールです。

タイラバやジギングはもちろん、電動ジギング(シャクリモード)にも対応しています。

このリールは、シングルハンドルとダブルハンドルの2種類がありますが、どちらも75mm-85mm可変式のロングハンドルアームを標準装備しています。

ハンドルを長くすることで、よりパワフルな巻き上げや、よりジグがシャクリやすくなります。

また、細かいシャクリのピッチにも対応できます。

このリールを使うときは、まずスマートフォンで「電動モバイルセッティング」を行い、ラインの入力や機能の設定をします。

次に、仕掛けを投入し、カウンターで水深を確認します。

水深に合わせて、フォールブレーキダイヤルやJOGパワーレバーで仕掛けの落下速度や巻き上げ速度を調整します。

魚のアタリを感じたら、クラッチをONにして、モーターで巻き上げます。

ドラグは、ATD(オートマチックドラグシステム)が魚の引きに合わせてスムーズに作動し、滑らかに効き続けます。

また、電子ドラグサウンドがドラグの引き出し時に音でお知らせします。

魚とのやりとりを楽しみながら、魚をリールインします。

ダイワ シーボーグ200Jのスペック

ダイワ シーボーグ200Jのスペックは以下の通りです。

ギア比:5.1
巻取り長さ (cm/ハンドル1回転):55
最大ドラグ力 (kg):10
自重 (g):490
標準巻糸量:ナイロン (号-m) 3-250、4-170 / PE (号-m) 1.5-450、2-300、3-200
ベアリング (ボール/ローラー):12/1

タイトルとURLをコピーしました