本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルのインプレ 自分の色を出すバスロッド

ダイワ

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルは、バスフィッシングにおいて優れた性能を発揮するバーサタイルなロッドです。このロッドは、自分の色を出して、バスフィッシングを楽しむ『拘りのバスフィッシングに華を添える拘りのロッド』というコンセプトで開発されました。

このロッドの特徴は、独自の「への字テーパー」テクノロジーを利用しており、ルアーの重さや空気抵抗、アングラーのスウィングスピードに関係なく、投げやすさを実現していることです。また、X45X、HVF NANOPLUS、AIR SENSOR SEATなどのダイワテクノロジーも搭載されており、高強度、高感度、高操作性を兼ね備えています。

⇒【バスフィッシングにおいて優れた性能を発揮!】ダイワ スワッガー C610M 22年モデル

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルのインプレ

「タフな現代のフィールドでこそ真価を発揮するバーサタイルモデル。ルアー対応幅の広いテーパーに、ティップの先端を「への字テーパー」にすることで、ルアーの重さや空気抵抗、アングラーのスウィングスピードに関わらず、ルアーの重みをロッドに乗せる部分を一極集中させることで投げやすく、3/8ozから1/2ozスピナーベイトやバスベイト、トリプルフックのついたハードベイトを臆することなくカバーやストラクチャー、オーバーハングの下に入れ込むことが出来る。」

「ダイワ スワッガー C610M 22年モデルは、自分のスタイルに合わせて色々な釣りができるのが魅力です。テキサスリグやノーシンカー、スモラバなどのボトム系から、スピナーベイトやクランクベイト、トップウォーターなどのミッドレンジ系まで、幅広く対応できます。ティップは柔らかめで、ルアーのアクションをしっかり伝えてくれますが、ベリーからバットにかけてはパワーがあり、バスの引きにも負けません。また、グリップジョイント仕様なので、持ち運びや収納も便利です。」

【ここが違う!】 内山幸也氏が徹底解説!DAIWA「 SWAGGER」

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルの性能と使い方

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルの性能は、以下のようになっています。

全長 (m):2.08
継数 (本):2
仕舞 (cm):180
自重 (g):105
先径/元径 (mm):2.2/14.8
ルアー重量 (g):5-28
ルアー重量 (oz):3/16-1
適合ライン (lb):8-20
パワー:M
アクション:R
グリップタイプ:B
グリップ長さ (mm):255
カーボン含有率 (%):99

⇒【バスフィッシングにおいて優れた性能を発揮!】ダイワ スワッガー C610M 22年モデル

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルの使い方

ダイワ スワッガー C610M 22年モデルの使い方は、以下のようになっています。

このロッドは、バスフィッシングの基本である投げる・誘う・掛ける・獲るという動作において、高い性能を発揮します。ルアーの種類やサイズに合わせて、適切なラインやリールを選びましょう。
このロッドは、グリップジョイント仕様なので、継ぎ目に注意してください。継ぎ目はしっかりと差し込み、ロックナットを締めてください。また、使用後は継ぎ目を清掃し、乾燥させてから収納してください。
このロッドは、自分の色を出して、バスフィッシングを楽しむことができます。自分の好きなスタイルやテクニックで、バスとの対話を楽しみましょう。また、周りの環境や季節に合わせて、柔軟に釣り方を変えることも大切です。

タイトルとURLをコピーしました