本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルのインプレ 深い水深や大物とのやり取りにも対応!

ダイワ

今回は、ダイワから発売された新しいロッド、リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルを紹介したいと思います。このロッドは、ヘビーな船釣りをゲーム感覚で楽しむことを目的としたマルチゲーム(MULTI GAME)コンセプトという独自の設計理念に基づいています。深い水深や大物とのやり取りにも対応できる操作性と感度を備えており、船釣りの領域を広げるロッドとして注目されています。私は先日、このロッドを使ってタチウオやアジなどの釣りに行ってきましたので、そのインプレ、評価、使い方、スペックなどを詳しくお伝えしたいと思います。

⇒【ヘビーな船釣りをゲーム感覚で楽しむ!】ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデル

ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルのインプレ

「ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルは、深場や大物狙いにも対応できるパワーと感度を持ちながら、軽くて操作性も良いです。タチウオやアジ、ヒラメなどを釣ってみましたが、アタリもしっかり感じられて楽しかったです。メタルトップも魚の反応を教えてくれて助かりました。」
「マルチゲームコンセプトの名の通り、色々な釣りに使えるロッドだと思います。私は主にタチウオや青物を狙っていますが、このロッドはその両方に対応できます。錘負荷も広くて便利です。ただ、少し重いと感じることもあります。」
「このロッドは、ヘビーな船釣りをゲーム感覚で楽しめるというのが本当だと思いました。操作性と感度のバランスが絶妙で、魚とのやり取りが楽しいです。特に、V-JOINT αとX45の効果が感じられます。強度も高くて安心です。」

船釣りをマルチに楽しむ!リーディングマルチゲーム~房総クロムツ、ヒラメ編~ | 船最前線

ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルの使い方

次に、使い方については、メーカーの公式サイトに記載されている対象魚や釣り方を参考にしました。以下は、その一部をまとめたものです。

ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルは、アジ、ヤリイカ、スルメイカ、タチウオ、オニカサゴ、アカムツ、中深場、ライトキンメ、青物、ヒラメなどの魚を狙うことができます。
このロッドは、錘負荷が50-150号と広く、深い水深や大物とのやり取りにも対応できます。また、メタルトップが魚のアタリや反応を教えてくれます。
このロッドは、電動リールとの相性が良く、ゼロシート センターグリップがホールド性を高めます。また、ESS、V-JOINT α、X45などのテクノロジーが操作性と感度を向上させます。

⇒【ヘビーな船釣りをゲーム感覚で楽しむ!】ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデル

ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルのスペック

最後に、スペックについては、メーカーの公式サイトに記載されている仕様を参考にしました。以下は、その一部をまとめたものです。

ダイワ リーディング MG 82 HH-205MT 22年モデルは、全長が2.05m、継数が2本、仕舞が108cm、自重が185g、先径が1.3mm、元径が13.4mmです。
このロッドは、カーボン含有率が71%で、強度と軽さを両立しています。
このロッドは、適合クランプサイズがSSで、適合ハリスは記載されていません。
以上、インプレ、評価、使い方、スペックについて、私が調べた情報をお伝えしました。ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました