本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルのインプレ おすすめの仕掛け、使い方、スペックを紹介

ダイワ

トラウトエリアの釣りに興味がある方におすすめのロッドを紹介します。
今回は、ダイワの新製品「トラウト X AT 63UL・N」について、その特徴やインプレ、おすすめの仕掛けや使い方、スペックなどをまとめてみました。
このロッドは、エリアトラウトに求められる基本性能を備えながら、ワンランク上の外観やスペックを持つハイパフォーマンスエリアトラウトロッドです。
小規模ポンドから大規模ポンド、レギュラーサイズから大型のトラウトまで、あらゆるシチュエーションに対応できるロングレングスモデルです。
それでは、詳しく見ていきましょう。

⇒【エリアトラウトエントリーに最適なハイコスパシリーズ!】ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデル

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルのインプレ

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルは、全長1.91mというリーチの長さが魅力的です。
大型ポンドや大型トラウトのいるポンドで、ルアーを遠投し沖のスレていないトラウトを狙うのに最適です。
また、大型トラウトの放流があるポンドでの使用もおすすめです。
ブランクには、ブレーディングXというテクノロジーが採用されています。
これは、ブランクのバットセクション最外層をカーボンテープでX状に締め上げることで、ロッド操作時のパワーロスにつながるネジレを抑制するための強化構造です。
細くても高い強度を確保し、持ち重り感を低減することで操作性が向上しています。
ルアー重量は0.8-7gと幅広く、スプーンからプラグまで使えます。
適合ラインは2-6lbとなっています。
グリップは、操作性に優れた形状で、シャンパンゴールドのメタルパーツが目を引く外観です。
リールシートは、カーボン調のデザインで、高級感があります。
カラーはブラックベースでシックなイメージです。
自重は85gと軽量で、疲れにくいです。
カーボン含有率は97%と高く、しなやかさとパワーを兼ね備えています
。価格は、実売価格で約9000円というコスパの高さも魅力的です。

ステップアップのためにはコレ!TROUT X

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルのおすすめの仕掛け

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルは、ルアー重量が0.8-7gと幅広いので、様々な仕掛けを使うことができます。
しかし、その中でも特におすすめなのは、マイクロスプーンやミノーなどの軽量ルアーです。
マイクロスプーンは、小さくても魚を誘うアクションができるルアーで、トラウトの食性に合っています。
ミノーは、水中で泳ぐ小魚を模したルアーで、トラウトの本能を刺激します。
どちらも、このロッドのレギュラーテーパーのブランクが、しなりながらもしっかりとアクションを伝えてくれます。
また、遠投もしやすく、広い範囲を探ることができます。
仕掛けの組み方は、簡単に説明すると、以下のようになります。

マイクロスプーンの場合
ラインは、2-4lbのフロロカーボンラインを使用します。ラインの長さは、ロッドの長さと同じくらいにします。
マイクロスプーンは、0.8-2g程度のものを選びます。色や形は、水色や天候、魚の反応に合わせて変えます。
マイクロスプーンには、直接ラインを結びます。結び方は、パロマールノットやクリンチノットなどがおすすめです。
仕掛けの完成です。キャストした後は、ロッドを上下に振りながら、ゆっくりとリトリーブします。マイクロスプーンが水面近くで泳ぐようにします。
ミノーの場合
ラインは、4-6lbのフロロカーボンラインを使用します。ラインの長さは、ロッドの長さと同じくらいにします。
ミノーは、2-5g程度のものを選びます。色や形は、水色や天候、魚の反応に合わせて変えます。
ミノーには、スナップやスイベルを使ってラインをつなぎます。これは、ミノーのアクションを妨げないようにするためです。スナップやスイベルは、小さめのものを選びます。
仕掛けの完成です。キャストした後は、ロッドを左右に振りながら、ゆっくりとリトリーブします。ミノーが水中で泳ぐようにします。

⇒【エリアトラウトエントリーに最適なハイコスパシリーズ!】ダイワ トラウトX AT 66UL・N 22年追加モデル

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルの使い方

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルは、あらゆるシチュエーションに対応できるロッドですが、特に大型ポンドや大型トラウトのいるポンドでの使用がおすすめです。その場合の使い方は、以下のようになります。

まず、ポンドの状況を観察します。水色や水温、風向き、魚の活性などをチェックします。これによって、ルアーの選択やキャストする方向や距離などを決めます。
次に、ルアーを選びます。このロッドは、ルアー重量が0.8-7gと幅広いので、様々なルアーを使うことができます。しかし、大型ポンドや大型トラウトの場合は、マイクロスプーンやミノーなどの軽量ルアーがおすすめです。これらのルアーは、このロッドのレギュラーテーパーのブランクが、しなりながらもしっかりとアクションを伝えてくれます。また、遠投もしやすく、広い範囲を探ることができます。
次に、キャストします。このロッドは、全長1.91mというリーチの長さがあります。これを活かして、沖のスレていないトラウトを狙います。キャストする方向は、ポンドの形や風向き、魚の反応に合わせて変えます。キャストする距離は、ルアーの重さやラインの太さによっても異なりますが、このロッドなら30m以上は狙えるでしょう。キャストする際には、ロッドをしっかりと振り抜き、ルアーを高く放り投げます。ルアーが水面に着水したら、すぐにリトリーブを始めます。
次に、リトリーブします。このロッドは、レギュラーテーパーのブランクが、しなりながらもしっかりとアクションを伝えてくれます。ルアーの種類によってもリトリーブの方法は変わりますが、基本的には、ロッドを上下や左右に振りながら、ゆっくりと巻き取ります。マイクロスプーンの場合は、水面近くで泳がせることで、トラウトの視界に入りやすくなります。ミノーの場合は、水中で泳がせることで、トラウトの本能を刺激します。リトリーブの速度やリズムは、魚の反応に合わせて変えます。時には、ストップアンドゴーやツイッチなどのテクニックを使って、ルアーに変化をつけることも効果的です。
最後に、フッキングします。このロッドは、カーボン含有率が97%と高く、しなやかさとパワーを兼ね備えています。トラウトがルアーに食いついたら、すぐにロッドを短く強くあおります。このとき、ラインが張っていることを確認します。フッキングしたら、ロッドを高く持ち上げて、トラウトのジャンプや暴れに対応します。ラインが緩んだら、すぐに巻き取ります。トラウトを寄せるときは、ロッドを下げて、ラインを巻き取ります。この動作を繰り返して、トラウトをランディングネットに入れます 。
以上が、トラウト X AT 63UL・Nの使い方の例です。もちろん、これは一つの参考に過ぎません。実際には、自分の好みや経験に合わせて、ロッドの使い方を工夫することが大切です。

ダイワ トラウトX AT 63UL・N 22年追加モデルのスペック

トラウト X AT 63UL・Nのスペックは、以下の表にまとめられています 。

項目 値
全長(mm) 1.91
継数(本) 2
仕舞(cm) 98
自重(g) 85
先径/元径(mm) 1.5/9.8
ルアー重量(g) 0.8~7
適合ライン(lb.) 2~6
カーボン含有率(%) 97
以上が、トラウト X AT 63UL・Nに関するインプレ、おすすめの仕掛け、使い方、スペックの情報です。ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました