本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルのインプレ イカのアタリを見逃さない高感度ロッド

ダイワ

釣り好きの方にお役に立てるように、ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルについて調べてみました。
このロッドはボートエギング・ティップラン専用モデルで、上位グレードに搭載されているテクノロジーを惜しみなく取り入れたベーシックモデルです。
初心者から上級者まで幅広くお勧めできる一本です。
この記事では、このロッドのインプレ、評判、使い方、スペックを紹介します。
また、ブログのタイトルも5つ考えてみました。

⇒【🔴初心者から上級者まで幅広く】ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデル

ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルのインプレ

私はダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルを小型ボートでティップランをするときに使っていますが、とても満足しています。
ティップの繊細さが際立っており、イカのアタリを見逃しません。
また、軽量で操作性も良く、疲れにくいです。
エギウェイトは15-50gまで対応しているので、ほぼ周年使えますが、特に小~中型イカの数釣りシーズンに活躍します。
ロッドパワーも十分で、大型イカにも対応できます。
コスパの高いロッドだと思います。

[ボートエギング] エメラルダス MX ボートエギングモデルデビュー!

ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルの評判

ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルの評判は、ネット上のレビューや口コミを見ると、ほとんどが良いです。
特に感度や軽さ、コスパについて高く評価されています。
例えば、以下のようなコメントがありました。

「感度が良くて、イカのアタリがよく分かります。軽くて疲れないし、値段も手頃で満足です。」

「上位モデルにも劣らない性能だと思います。メガトップのティップは繊細でありながら、ハリもあります。小型ボートでのティップランに最適です。」

「このロッドはコスパ最高です。感度も良くて、イカの反応がすぐに分かります。軽量で操作性も抜群です。初心者から上級者までお勧めできます。」

⇒【🔴初心者から上級者まで幅広く】ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデル

ダイワ エメラルダス MX BOAT 511LS-S・Q 22年モデルの使い方

このロッドは、ボートエギング・ティップラン専用モデルです。
ティップランとは、重めのエギ(30g以上)を海中でアクションさせイカを狙う釣りです。
重めのエギを使う事でティップが常に曲がりますが、イカのアタリでティップが不自然な動きをする事があります。
そういったティップのアタリをとるためティップランという呼び方になっています。
ティップランに向いているロッドは、軽量である事やロッドの繊細さが必要になります。
このロッドは、その条件を満たしています。
また、ティップランは目感度に頼る事が多い釣りであるため、ティップの動きをよく見る事が大切です。
このロッドは、ティップがシルバーに塗装されており、視認性がアップしています。
このロッドを使うときは、以下のような手順で釣りを楽しむことができます。

適切なエギとラインを選ぶ。
このロッドは、エギウェイト15-50g、ラインPE0.4-0.8号に対応しています。
水深や潮の流れに合わせてエギの重さを調整します。
ラインは細くて強いものがおすすめです。

エギをキャストする。
このロッドは、短めに設定されているため、小型ボートなど比較的小さめの船でのティップランにおいて卓越した取り回しの良さを持ち合わせています。
キャストするときは、ロッドを後ろに振り上げてから前に振り下ろすようにします。
エギが水面に着水したら、ラインを張ります。

エギをアクションさせる。
このロッドは、メガトップという高感度のティップが採用されており、エギの動きを敏感に伝えます。
エギをアクションさせるときは、ロッドを上下に小刻みに動かすようにします。
エギの重さに合わせて、ロッドの動かす速度や幅を調整します。
エギをアクションさせながら、ティップの動きをよく見ます。

イカのアタリを感じる。
イカがエギにアタックすると、ティップが不自然に動くことがあります。
例えば、ティップが急に止まったり、逆に動き出したり、左右に振れたりします。
そういったティップの変化に気づいたら、イカのアタリと判断します。
イカのアタリは、手感度だけでなく、目感度も重要です。
このロッドは、その両方を高めることができます。

イカをフッキングする。
イカのアタリを感じたら、すぐにロッドを上に強く引き上げて、イカをフッキングします。
このロッドは、X45というネジレ防止の最適構造が採用されており、しなやかなのにブレのない使用感があります。
ロッドのパワーをフルに発揮して、イカを掛けます。

イカをランディングする。
イカをフッキングしたら、イカの引きに合わせてロッドを曲げながら、ラインを巻き取ります。
このロッドは、HVFナノプラスという強度と軽量の両立を図るブランクが採用されており、イカの重量に負けません。
イカが船の近くに来たら、イカゲットネットやイカゲットバサミなどでイカをランディングします。

タイトルとURLをコピーしました