本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルのインプレ 1万円以下で買える高性能エギングロッド!

ダイワ

エギングに興味がある方のために、ダイワ エギング X 83ML 22年モデルというロッドについて紹介したいと思います。
このロッドは、エギングを始めたいという入門者におすすめのモデルで、価格も手頃で性能も高いです。
では、このロッドのインプレ、評判、使い方、スペックについて見ていきましょう。

⇒【🔴エギングの基本動作をしっかりとサポート】ダイワ エギング X 83ML 22年モデル

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルのインプレ

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルは、操作性と軽快さを重視したモデルで、1.8号から3.5号までのエギに対応しています。
秋シーズンに広範囲を手返しよく探っていくエギングに適したモデルです。
竿が柔らかいので、キャストのタイミングが取りやすく、エギのコントロールもしやすいです。
また、竿が余分な力を逃がしてくれるので、エギが不自然な動きを抑えられます。
エギングの基本動作をきちんと習得できるよう、設計されています。

えっ、上のモデルより軽い⁉2022年最新の超コスパエギングロッドをご紹介します!!

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルの評判

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルは、Amazonや楽天などのネットショップで高い評価を得ています。
多くのユーザーが、このロッドの軽さや操作性、コスパの高さを称賛しています。
以下は、実際のレビューの一部です。

「初めてのエギングロッドなので他の製品と比べることはできませんが、自分的には大変使い易いロッドだと思います。価格的にも不満はありません。」

「結論から話すと、実際に使ってみて価格以上の性能に驚きました。1万円を切る価格で軽量なため、疲れにくくキャストを含めたエギのコントロールも非常にしやすかったです。」

「操作性・軽快さを重視したモデルで、2.5号から4号までの幅広いエギサイズに対応。1本で様々な状況に対応可能なオールシーズンモデル。」

⇒【🔴エギングの基本動作をしっかりとサポート】ダイワ エギング X 83ML 22年モデル

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルの使い方

このロッドは、エギングの基本的な使い方をマスターするのに最適です。以下は、その一例です。

キャストは、竿を後ろに振り上げてから、前に振り下ろすときに手首をしならせるようにします。竿のしなりを利用して、エギを遠くに飛ばすことができます。

ジャークは、竿を上に引き上げてから、下に戻すときにラインを緩めないようにします。エギに水流を与えて、イカにアピールすることができます。

フォールは、エギを沈めるときにラインを張りすぎないようにします。エギに自然な動きをさせることができます。

フッキングは、イカがエギに触れたと感じたら、竿を強く上に引き上げます。エギの針がイカの口にしっかりと刺さるようにします。

ダイワ エギング X 83ML 22年モデルのスペック

このロッドのスペックは、以下のとおりです。

全長 (m): 2.51
継数: 2
仕舞 (cm): 130
自重 (g): 108
エギサイズ (号): 1.8-3.5
適合ラインPE (号):0.4-1.0
先径/元径 (mm): 1.5/10.9
カーボン含有率 (%): 91

タイトルとURLをコピーしました