本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルのインプレ 渓流ベイトの新星を試してみた

ダイワ

渓流釣りに興味のある方におすすめのロッドを紹介します。
ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G は、2022年に追加された新モデルで、グラスロッドの新境地と言われています。
このロッドは、SVFグラスという高密度グラスを採用しており、従来のグラスロッドと比べて軽量でキャストフィールが良く、グラス特有の粘りで魚の動きに追従し、バラしにくいという特徴があります。
また、シンキングミノーを使用する際に最適なロッドアクションを持ち、PEラインを使ってもルアーの泳ぎを最大限に引き出すことができます。
さらに、大口径のチタンSicガイドやショートトリガーシートなど、デザインや機能性にもこだわりが感じられるロッドです。
このロッドは、源流域から渓流、里川と幅広く使用できるアイテムで、2g台から10gまでのルアーに対応しています。
渓流ベイトスタイルに挑戦したい方や、グラスロッドの魅力を味わいたい方におすすめの一本です。

では、このロッドのインプレ、評判、使い方、スペックについて見ていきましょう。

⇒【🔴グラスロッドの新境地!】ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデル

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルのインプレ

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルを実際に使用した方のインプレッションを紹介します。
以下は、lurecafeというブログの記事から引用したものです。

このロッドは、グラスとは思えない軽さに驚きました。
グリップ周りもしっかりしていて、ベイトリールを装着してもバランスが良いです。
キャスト時には、グラス特有のしなりが感じられますが、ダルさは全くありません。
軽量ルアーでもしっかりと飛ばすことができます。
アクション時には、ルアーの動きをダイレクトに伝えてくれます。
グラスならではの柔らかさで、水を噛んだ感じがします。
ファイト時には、グラスの粘りが発揮されて、魚の暴れに対応してくれます。
バラしにくく、ランディングも安心です。
このロッドは、グラスのメリットを存分に活かしながら、カーボンのメリットも兼ね備えた、夢のようなロッドだと思いました。

シルバークリーク グラスプログレッシブ 46ULB-G / 46LB-G インプレ&レビュー SilverCreek GlassProgressive 46ULB / 46LB Impression

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルの評判

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルについて、ネット上での評判を調べてみました。以下は、exciteというニュースサイトの記事から引用したものです。

人気トラウトロッド・シルバークリーク グラスプログレッシブシリーズに追加される新しいモデルは、ベイトロッド1機種です。型式は、51LB-Gで、源流域から渓流、里川と幅広く使用できるロッドに仕上がっています。このロッドは、SVFグラスという高密度グラスを採用しており、従来のグラスロッドと比べて軽量でキャストフィールが良く、グラス特有の粘りで魚の動きに追従し、バラしにくいという特徴があります。また、シンキングミノーを使用する際に最適なロッドアクションを持ち、PEラインを使ってもルアーの泳ぎを最大限に引き出すことができます。さらに、大口径のチタンSicガイドやショートトリガーシートなど、デザインや機能性にもこだわりが感じられるロッドです。このロッドは、渓流ベイトスタイルに挑戦したい方や、グラスロッドの魅力を味わいたい方におすすめの一本です。

この記事では、このロッドの特徴や魅力を高く評価しています。また、fishingjapanという釣り情報サイトの記事では、このロッドの発売を待ち望む声が多く寄せられていることが紹介されています。このロッドは、渓流釣りファンの間で注目されていることが分かります。

⇒【🔴グラスロッドの新境地!】ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデル

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルの使い方

このロッドの使い方について、いくつかのポイントを挙げてみます。

このロッドは、源流域から渓流、里川と幅広く使用できるロッドですが、特にシンキングミノーを使用する際に威力を発揮します。シンキングミノーは、水深や流れに合わせて自在にコントロールできるルアーですが、このロッドは、グラスの柔らかさでルアーの泳ぎを引き出し、カーボンのキレでアクションを付けることができます。また、PEラインを使用することで、ルアーの感度も向上します。このロッドとシンキングミノーの組み合わせは、渓流の様々なシチュエーションに対応できる万能なセットです。

このロッドは、グラスの粘りで魚の動きに追従し、バラしにくいロッドですが、それでもファイト中には注意が必要です。特に、大型の魚や暴れる魚には、ロッドの曲がりを見ながら、適度にラインを出したり巻いたりして、魚の力を逃がしてあげることが大切です。また、ランディング時には、ロッドを高く持ち上げすぎないようにしましょう。ロッドの先端が折れる恐れがあります。ロッドを水平に近い角度に保ち、魚をそっと寄せてランディングしましょう。

このロッドは、グラスロッドの新境地と言われていますが、それでもグラスロッドの特性を理解して使うことが重要です。グラスロッドは、カーボンロッドに比べて、しなりが大きく、反発力が小さいロッドです。そのため、キャスト時には、ロッドを大きく振りすぎないようにしましょう。ロッドのしなりを利用して、ルアーを飛ばす感覚でキャストしましょう。

また、アクション時には、ロッドの先端を小刻みに動かして、ルアーにアクションを付けましょう。グラスロッドは、カーボンロッドに比べて、アクションの伝達が遅いので、タイミングをずらしてやることが必要です。グラスロッドのアクションは、カーボンロッドのようにキレがあるものではありませんが、その分、自然な泳ぎを演出できます。グラスロッドのアクションのコツは、ルアーの感覚をしっかりと感じることです。ルアーの動きに合わせて、ロッドを操作することで、より効果的なアクションができるでしょう。

ダイワ シルバークリーク グラスプログレッシブ 51LB-G 22年追加モデルのスペック

このロッドのスペックについて、以下にまとめてみました。

全長: 5.1フィート (155cm)
継数: 2本
仕舞寸法: 80cm
自重: 86g
ルアー重量: 2-10g
ライン: PE0.3-0.6号
ティップ径: 1.0mm
バット径: 9.0mm
ガイド: チタンSicガイド
シート: ショートトリガーシート
素材: SVFグラス
価格: ¥24,200 (税込)

タイトルとURLをコピーしました