本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルのインプレ 穂先には、超弾性チタン合金製のSMTT

ダイワ

イカメタルという釣り方をご存知でしょうか?

イカメタルとは、重さのある金属製のルアー(スッテ)を海底付近でシャクってイカにアピールする釣り方です。

イカメタルはイカの活性が低い時や、深場や濁りのある水域で有効な釣り方です。

イカメタルをするには、専用のロッドが必要です。

イカメタルロッドは、重量のあるスッテを扱える強度と、イカの微妙なアタリを感じ取れる感度を兼ね備えたロッドです。

イカメタルロッドには、乗せ調子、掛け調子、オモリグ調子という3つのコンセプトがあります。

乗せ調子は、スッテをゆっくりとした誘いでイカに抱かせる調子です。

掛け調子は、誘いと止めのメリハリアクションでイカを誘う調子です。

オモリグ調子は、オモリとスッテを連結したリグを使う調子です。

オモリグは、山陰以西で流行っている釣り方で、オモリの重さでスッテを沈めて、オモリの動きでスッテをアクションさせる釣り方です。

今回は、オモリグ調子のロッドの中でも、最新のフラッグシップモデルであるダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルについて紹介します。

このロッドは、ダイワ最新テクノロジーによる「軽さ」と「感度」を突き詰めたロッドで、オモリグのアタリを見逃さず、しっかり掛けることが出来るロッドです。

このロッドのインプレ、評判、使い方、スペックを見ていきましょう。

⇒【🔴最新テクノロジーによる「軽さ」と「感度」】ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデル

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルのインプレ

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルは、とにかく軽くて感度が高いのが印象的です。

オモリグ専用モデルですが、オバマリグやSLJなどにも対応できます。

アンダーハンドキャストがしやすく、オモリの負荷にも負けないパワーがあります。

穂先は張りの強いチューブラー仕様のSMTTで、アタリを見やすく表現してくれます。

[イカメタル]激震を感じよ! EME EX IMデビュー

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルの評判

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルは、イカメタルファンから高い評価を得ています。Amazonのレビューでは、5つ星中4.4つの評価を獲得しており、軽さや感度、操作性などが好評です。一方で、価格が高いことや、オモリグ以外の釣りには不向きなことなどが指摘されています。

⇒【🔴最新テクノロジーによる「軽さ」と「感度」】ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデル

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルの使い方

このロッドは、オモリグ釣りに特化しているので、オモリグの仕掛けを使ってイカを狙います。オモリグとは、エギの上にオモリを付けた仕掛けのことで、エギの動きを自在にコントロールできる釣り方です。オモリの重さは、水深や流れに合わせて調整します。このロッドは、オモリ負荷が40-150g/10-40号となっており、オモリの重さによっては投げにくさを感じることもあります。また、ロングハリスの仕掛けは投げにくいので注意してください。

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR70MLS-SMTT 22年モデルのスペック

このロッドのスペックは以下の通りです。

項目 内容
品名 エメラルダスEX イカメタル OR70MLS-SMTT
全長 2.13m
継数 2本
自重 80g
仕舞寸法 111cm
オモリ負荷 40-150g/10-40号
定価 68,000円

ダイワ エメラルダス EX イカメタル OR63MLB-SMT 22年モデルのインプレ 重量リグに最適の新製品

タイトルとURLをコピーしました