本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルのインプレ 船釣り初心者におすすめ!特徴や使い方を紹介

ダイワ

船釣りの汎用ロッドとして人気の高いダイワ シーパワー 73 シリーズ。

その中でも、30号の210cmのモデルは、アジやメバル、タチウオなどの手軽な釣りから、青物や根魚などの大物狙いまで、幅広く対応できるオールラウンダーです。

今回は、このロッドの特徴やインプレ、評判、使い方、スペックなどを紹介します。

船釣りを始めたい方や、1本でいろいろな釣りを楽しみたい方におすすめのロッドですので、ぜひ参考にしてください。

⇒【🔴高性能な機能が満載】ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデル

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルのインプレ

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルは、先調子でアタリが取りやすく、ビギナーにも扱いやすいです。

また、継ぎ竿なので仕舞い寸法も嵩張らず、持ち運びもしやすいです。

リールシートは、緩み止めダブルナット付きのVグリップシートで、手巻きリールから電動リールの500番クラスまで対応できます。

ガイドは糸にやさしいトップSiCリングガイドを採用しており、竿のネジレを抑制するブレーディングXも搭載しています。

強度や耐久性も高く、安心して使えます。

SEAPOWER 800 VS YELLOWFIN TUNA / GREATER AMBERJACK | 船最前線

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルの評判

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルの評判は、インターネットで検索してみると、概ね良いものが多いです。

特に、汎用性やコスパの高さ、操作性や感度の良さなどが評価されています。

一方で、重量やバランス、パワーなどに不満を感じる方もいるようです。

個人の好みや釣り方によって、感じ方は異なるかもしれませんが、全体的には満足度の高いロッドと言えるでしょう。

⇒【🔴高性能な機能が満載】ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデル

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルの使い方

このロッドの使い方は、オモリ負荷が20〜80号と幅広いので、いろいろな釣りに対応できます。

例えば、アジやメバルなどの小型魚を狙う場合は、20〜30号のオモリと、小さめのサビキやハリスを使って、底付近や中層を探ってみましょう。

タチウオなどの中型魚を狙う場合は、40〜60号のオモリと、タチウオ専用の仕掛けや、カットベイトを使って、底から数メートル上を狙ってみましょう。

青物や根魚などの大型魚を狙う場合は、70〜80号のオモリと、ジグやラバージグ、活き餌などを使って、底や水深の変化のある場所を狙ってみましょう。

いずれの場合も、アタリがあったらすぐに合わせて、強引に引き寄せないように注意しましょう。

ダイワ シーパワー 73 30-210・N 22年モデルのスペック

このロッドのスペックは、以下の通りです。

全長:2.1m
継数:2本
仕舞寸法:110cm
自重:140g
先径/元径:1.6mm/11.9mm
錘負荷:20〜80号
適合クランプサイズ:SS
カーボン含有率:80%
メーカー希望本体価格:14,100円(税抜き)

ダイワ シーパワー 73 30-240・N 22年モデルのインプレ これ1本でいろんな釣りができる!汎用性と性能

タイトルとURLをコピーしました