本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ ブレイゾン C66M-2・STのインプレ 感度とパワーを両立するバスロッドの魅力

ダイワ

釣り好きの方におすすめのバスロッドを紹介します。

今回は、ダイワのブレイゾン C66M-2・STというモデルをピックアップしました。

このロッドは、ソリッドティップを搭載したベイトキャスティングモデルで、高感度かつ高い操作性を持ちます。

ダウンショットリグやテキサスリグなどの撃ちモノを的確にキャスト&コントロールすることができる、バーサタイルなロッドです。

では、このロッドのインプレ、評判、使い方、スペックについて見ていきましょう。

⇒【🔴撃ちモノを的確にキャスト&コントロール!】ダイワ ブレイゾン C66M-2・ST

ダイワ ブレイゾン C66M-2・STのインプレ

私はダイワ ブレイゾン C66M-2・STを使って、ダウンショットリグで水深3mほどのスポットを狙ってみました。

キャストはスムーズで、ソリッドティップのおかげでボトムの感触がはっきりと伝わってきました。

バイトは微妙な引き込みでしたが、ティップがしっかりと反応してくれたので、すぐにフッキングすることができました。

フッキング後は、バットのパワーが発揮されて、バスを素早く寄せることができました。

このロッドは、感度とパワーのバランスがとても良いと感じました。

【ブレイゾン】値段と性能が比例してない竿、買いました。

ダイワ ブレイゾン C66M-2・STの評判

ダイワ ブレイゾン C66M-2・STの評判を調べてみると、以下のようなコメントが見つかりました。

「ソリッドティップの感度が抜群で、ボトムの凹凸やバイトがよく分かります。ティップが硬めなので、スタックにも強いです。」

「このロッドは、ダウンショットやテキサスだけでなく、小型のクランクやスピナーベイトなどのハードベイトにも使えます。オールラウンドに使えるのが魅力です。」

「軽量で操作性が高く、疲れにくいです。グリップジョイントのワンピースなので、ブランクの一体感があります。」

⇒【🔴撃ちモノを的確にキャスト&コントロール!】ダイワ ブレイゾン C66M-2・ST

ダイワ ブレイゾン C66M-2・STの使い方

このロッドの使い方は、主に以下のようなパターンがあります。

ダウンショットリグ:ソリッドティップの感度を活かして、ボトムの状況やバイトをキャッチする。
フッキングはティップで決める。

テキサスリグ:ソリッドティップの操作性を活かして、カバー周りやピンスポットを狙う。
フッキングはバットで決める。

ハードベイト:ソリッドティップの張りを活かして、小~中型のクランクやスピナーベイトなどをキャストする。
フッキングはティップとバットのバランスで決める。

ダイワ ブレイゾン C66M-2・STのスペック

このロッドのスペックは、以下の通りです。

品名:ブレイゾン C66M-2・ST
全長 (m):1.98
継数 (本):2
仕舞 (cm):103
自重 (g):107
先径/元径 (mm):2.0/12.9
ルアー重量 (g):5~21
ラインNo. (ナイロン):8~16
ラインNo. (PE):0.6~1.5
メガトップ仕様のソリッドティップ
エアセンサーシート(ブランクタッチトリガー)
カーボンモノコックリアグリップ
HVFカーボン

ダイワ ブレイゾン C66ML 21年モデルのインプレ 秋から初冬のバス釣りに最適!

タイトルとURLをコピーしました