本ブログはプロモーションが含まれています

ステイフォール30g×ジャクソンメタルエフェクトで狙う、夏のシーバス釣り

ジャクソン

⇒【爆釣確定!】ジャクソン メタルエフェクト ステイフォール30g

メタルジグの基本的な使い方は、大きく分けると「ただ巻き」、

「ジャーキング」の2つですが、このうち「ジャーキング」に

焦点を合わせ開発したのがこの「ステイフォール」です。

ジャクソン2021新製品まとめ【ルアー編】ワーム・メタルジグ・ミノー。

⇒【爆釣確定!】ジャクソン メタルエフェクト ステイフォール30g

夏のシーバス釣りといえば、海水浴客が多く訪れるビーチ周辺や、河口付近での釣りが定番ですが、この夏はステイフォール30gとジャクソンメタルエフェクトを使って、新しい釣り方にチャレンジしてみませんか?

ステイフォール30gは、ジャクソンから発売されているメタルジグの一種で、水中でのアクションが非常に自然で、魚に見つかりにくい特徴があります。
また、ジャクソンメタルエフェクトは、光の反射を最大限に引き出す特殊塗装が施されたルアーで、深場でも魚を誘うことができます。

さて、夏のシーバス釣りで使えるステイフォール30gとジャクソンメタルエフェクトの組み合わせについて解説していきます。

まず、釣り場はビーチ周辺や河口付近がおすすめです。
釣りをする時間帯は、潮の流れが早くなる朝方や夕方が狙い目です。
また、満潮や干潮のタイミングもチェックしておきましょう。

メガバス アイウィング トリプル フライのインプレは間違いなく性能がいいと思われる理由

次に、リグのセッティングです。ステイフォール30gは、ボトムを引きずるようにしてリトリーブすることが基本です。
ジャクソンメタルエフェクトは、タダ巻きやジャークを使って自然なアクションを出すのがポイントです。
ステイフォール30gにジャクソンメタルエフェクトを付ける場合は、フックを2本使い、ヘッド部分にフック1本、テール部分にフック1本を付けるのがおすすめです。

さらに、リトリーブのタイミングも重要です。
ステイフォール30gは、ボトムを引きずるようにリトリーブすると、泳ぐようなアクションが出ます。
ジャクソンメタルエフェクトは、リトリーブスピードを変えたり、ジャークを入れることで、魚を誘うことができます。
また、ジャクソンメタルエフェクトの特殊塗装を活かすため、太陽光の当たる場所でリトリーブすると効果的です。

最後に、タックルの準備です。
ステイフォール30gとジャクソンメタルエフェクトを使う場合、ロッドはミディアム~ヘビークラス、リールはスピニングリールがおすすめです。
ラインは、PE1号~2号を使うと良いでしょう。
リーダーは、シーバスに合わせて、20lb~40lb程度のものを用意しておきましょう。

これらの準備が整えば、いよいよ釣りがスタートです。
まずは、ステイフォール30gをキャストし、底を引きずるようにリトリーブしてみましょう。
魚が反応しない場合は、ジャクソンメタルエフェクトを付けたリグに切り替えて、自然なアクションを出してみましょう。
タダ巻きやジャークを入れた時に、反応があった場合は、そのリトリーブスピードやアクションを維持しながら、狙いを絞っていきましょう。

夏のシーバス釣りでステイフォール30gとジャクソンメタルエフェクトを使うことで、従来の釣り方とは違った、新しい釣り方を楽しむことができます。
また、ジャクソンメタルエフェクトの特殊塗装を活かして、深場でも魚を誘うことができます。
釣果を追求するために、ぜひこの夏はステイフォール30gとジャクソンメタルエフェクトを使って、新しい釣り方にチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました