本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kのインプレ 堤防で万能に使える磯竿

ダイワ

釣り好きの皆さん、こんにちは。

今回はダイワのエントリーモデルの磯竿、リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kをご紹介します。

この竿は、堤防や海釣り公園で様々な魚を狙えるクセのないスタンダードな振出竿です。

アジ・サバ・イワシ・メバル・クロダイ・メジナなどを筆頭に、防波堤にはいろいろな魚がいるので、1本で様々な釣り方が楽しめます。

扱いやすく丈夫な設計で、初心者にもおすすめの万能竿です。

この記事では、この竿のインプレ、特徴、使い方、スペックを詳しくご紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

⇒【🔴様々な魚を狙えるクセのないスタンダード】ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・K

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kのインプレ

私はダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kを使って、堤防でアジやサバのサビキ釣りをしたり、ウキ釣りでメバルやクロダイを狙ったりしました。

その結果、この竿はとても使いやすく、感度も良かったです。

竿先はチューブラー穂先で、魚のアタリが手にダイレクトに伝わります。

また、竿のバット部分にはブレーディングXという強化構造が施されており、ネジレを抑えてパワーとコントロール性を高めています。

リールシートはステンレス製で、リールをしっかり固定できます。

ガイドは衝撃に強いハードガイドで、ガイドカバーには糸通しバーが付いていて便利です。

グリップ部はリトルセンサータッチグリップで、滑りにくくホールド感が良いです。

全体的に、この竿は堤防での釣りに適した性能を備えていると感じました。

【釣り初心者必見】★サビキ釣り等★『磯竿の選び方3』

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kの特徴

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kの特徴は、以下のようにまとめられます。

– 堤防や海釣り公園で様々な魚を狙えるクセのないスタンダードな振出竿

– 扱いやすく丈夫な設計で、初心者にもおすすめの万能竿

– 高感度なチューブラー穂先で、魚のアタリが手にダイレクトに伝わる

– ネジレを抑えるブレーディングXで、パワーとコントロール性を高める

– ステンレス製のリールシートで、リールをしっかり固定する

– 衝撃に強いハードガイドで、ガイドカバーには糸通しバーが付く

– 滑りにくいリトルセンサータッチグリップで、ホールド感が良い

⇒【🔴様々な魚を狙えるクセのないスタンダード】ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・K

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kの使い方

この竿の使い方は、釣り方によって異なりますが、基本的には以下のようなポイントに注意してください。

– ウキ釣りやフカセ釣りでは、仕掛けの重さに合わせてオモリの負荷を調整することが大切です。
この竿は1.5号-4号までのオモリに対応していますが、最適なオモリは2号-3号程度です。
オモリが軽すぎると竿先が立ちすぎて感度が悪くなりますし、重すぎると竿先が沈みすぎて操作性が悪くなります。
また、ウキのサイズや形も釣り場や風の状況に合わせて選ぶことが重要です。

– サビキ釣りでは、仕掛けの本数やサイズに合わせて竿の号数を選ぶことが大切です。
この竿は1.5号-53・Kですが、サビキ釣りには2号-45・Kや3号-39・Kなどの方が適しています。
仕掛けの本数が多いと竿が重くなりますし、サイズが大きいと竿が曲がりすぎます。
また、サビキ釣りでは魚の種類やサイズによってハリスの太さやハリのサイズも変えることが必要です。

– この竿は遠投モデルではないので、カゴ釣りやぶっこみ釣りなどの遠投を必要とする釣り方にはあまり向いていません。
遠投をしたい場合は、3号-45遠投・Kや4号-53遠投・Kなどの遠投モデルを選ぶことがおすすめです。
遠投モデルは足高ガイドフレームで糸の出が良く、パイプシートで大型のリールを固定できます。

ダイワ リバティクラブ 磯風 1.5号-53・Kのスペック

この竿のスペックは、以下のようになっています。

– 全長: 5.33m
– 継数: 6本
– 仕舞: 101cm
– 自重: 215g
– 先径/元径: 1.2mm (1.1mm)/20.0mm
– オモリ負荷: 1.5号-4号
– 適合ハリス: 1.5号-4号
– カーボン含有率: 90%
– メーカー希望本体価格: オープン価格

タイトルとURLをコピーしました