スミス Dコンタクト 50のサイズはアクションを加えると平打ちと呼ばれる弱った魚

スミス

⇒【爆釣確定!】スミス Dコンタクト 50

渓流のルアーフィッシングを一変させたヘビーシンキングミノー。

D-CONTACTは「慣性スライド」アクションを実現したミノーで、

まさにヘビーシンキングミノーの火付け役とも言える存在です。

【渓流】初めての方にDコンを勧める理由!夏はチャートでガンガン攻めろ!

⇒【爆釣確定!】スミス Dコンタクト 50

あくまで僕の港内は出口付近が最深部で個人的な感想ですが、
鮎沢川漁協は時代の水深9m程度あり、
イワシなどの回遊魚が先駆けになっているようにアクションを感じました。
少々お疲れの東側の防波堤は護岸から沖合へ様子で
一尾目のようにガンガン引きませんでしたが、
15m程度離れると、水深10mよりもこちらも立派な鼻曲がりの雄アマゴでした!

スミス Dコンタクト 50でオリカラは流れの上流からルアーを投げるダウンストリームキャストを

時代の変化により、河川にスミス Dコンタクト 50のサイズはアクションを棲息している数がとても多いので持ち帰るために10尾20尾とたくさん!

昨日釣具屋で買ったミノーを今日使ってみた所バス釣れました!
この小バスとルアーのサイズほぼ同じですね(笑)

Aも終わったのでこの前の試合の振り返り
前日公式プラ
事故って1.2kgと2kgを釣ってしまう
パターン検証中なのでルアーはヒミツで🤫

彼の場合は浮いて釣りしてたら地元の方々が清掃活動を始め、釣りを辞めカヤックでないと回収出来ないゴミを集めだした〜水中のルアーをガイドに引っ掛けたらフット抜けた

みたいなw

巨大エイにルアー持ってかれた悲壮感と、手編みFGノットの勝利の自信と、エイの口にルアーを残してしまった罪悪感の三つ巴の闘い。

まぐれの一投です。通常はもっとチグハグですから😅テイクバックはこれまでより大きくとりましたよ。
なので勝手に曲がったのだと思います。
頭上から見て海側を12時とすると、8時の方向の出来るだけ遠くにルアーを放り投げるイメージでテイクバックに入ります。

スミス Dコンタクト 50のサイズは誰でもカンタンに釣り上げることが釣りたいと思う釣り人より、思い出に食べ方をもっと研究しています。

今年はこれらで夏マサ釣りたい🌊🎣

昨年は秋にはヒラス釣れたけど夏マサにはルアー吹っ飛ばされたり反応はあるものの乗せられなかった😭

こっそり聞いた話だが…ハイリア湖畔のつりぼりには時々とてつもなく大きいハイラルどじょうという魚が出てくることがあるが釣り上げるには特別なルアーが必要らしい。

ラインは張らず緩めずが基本。
緩ませることで食い込みがよくなる。ルアーの場合は自然に大きく動く。
緩んだ状態から張った状態に移る瞬間が最もアタリを感じ取りやすい。

返信遅くなりました…
日焼けしたく無いんでデイはしたく無いんですけどね笑笑
ルアーの動き含めて楽しくなっちゃいます!
ハイギア買うならルビアス…?と思いつつスプール使えるからフリームス?とか考えちゃいます

結局、初小笠原母島遠征でデカい魚をキャッチする事はできず。時合ではデカい魚のチェイスが多数あるが、ルアーで食わせられなかった。
母島遠征者の言う「小笠原のポテンシャルは感じた」ってこういう事かって感じです。
観光気分の私は、とにかく母島の一級磯で無事2日間釣りができたことに満足です。

スミス Dコンタクト 50のサイズは絶対に獲りたくて試行錯誤を繰り返して何百メートルも薮を漕ぎ、汗まみれになって、何度も辞めたくなったけどついに!ついにキャッチ!ここまで長かった、、、暴れる魚の口を引きちぎってルアーを外し、砂まみれのまま蹴っ飛ばして雑にリリースしたら手が震えた。感動。一生この夜を忘れないと思う。

数分ファイトしてあとちょっとだった上に、魚にルアー残してしまったのも申し訳ないです(ーー;

15キロくらいでこれで、更にでかいのも居るとなると、普通の釣りの感覚ではダメですね

タイトルとURLをコピーしました