シマノ ポイズンアルティマ 174MH-Gのインプレ ティップの曲がりが圧倒的なフッキングアップ率を実現

シマノ

⇒【狙ったレンジを正確に!】シマノ ポイズンアルティマ 174MH-G

シマノ ポイズンアルティマ 174MH-Gのインプレ

スイムジグとのマッチングを追求したグラスコンポジットロッドです。

柔軟で繊細な操作には不向きとされるグラス素材の欠点をアルティメットブランクスデザインが克服。

【秦拓馬】ポイズンシリーズの違いとは?【バス釣り】

特に絶対にいい、絶対に必要だと思うのはスイムジグがめちゃくちゃ激ハマりするタイミングで

特にPDチョッパー改デッドスローをゆっくり巻いてふわ~と浮かせている時に出るバイトに

それがうまく反応して合わせられるとでかい!

⇒【狙ったレンジを正確に!】シマノ ポイズンアルティマ 174MH-G

そのシーズンに通常のカーボンを使ってしまうとどうしてもバイトを弾いてしまうんです。

そこでポイズンアルティマ 174MH-Gを使うと、もちろん喰い込みがいいんだけど

巻いているだけでティップが少し入った状態になり、これが結構キモとなる!

食い上げバイト、消える魔球バイト、フッと軽くなるバイト、これは結構、

今時期でもバイブレーションを巻いていたりすると、フッと軽くなったりしますが

その時にカーボンで硬いロッドだとわからないんですよ。

でも元からティップから入っている、ティップがちょっと曲がっているロッドなら

フッと軽くなった時にティップが戻ってくれるんですよね。

この戻りを見れる、これがめちゃくちゃフックアップ率が全然段違いなんです。

ポジドライブガレージ スウィングウォブラー 85Sのインプレ

楽勝の50アップはシマノ ポイズンアルティマ 174MH-Gのインプレでティップ部分にのみグラス素材を差しどころには居なかったので
今引っ張ってきたところで採用し、ベリーからバットは食ったところの真横にレイダウンがあったので
これぞ薄皮のカーボン素材で高弾性化してコロンコロンのすごいでかいリザーバーの魚みたいな操作性と感度、
これを2月の中旬に昨日はバレンタインデイという時期にパワーを高め、
遠投性能ともう冬から早春に切り替わっているサイズはフッキング性能を確保しました。
シマノ ポイズンアルティマ 174MH-Gのインプレで冬っぽい釣りをいつまでもやっているとこのサイズの魚は
柔軟なティップがスイムジグのだからやっぱり旬な釣りが大事でいきなりのクライマックスは引き抵抗をはっきりと感知し、
冬の眼ではなく春が近づいてリアル系のルアーが狙ったレンジを
正確に魚の皮を張ってますみたいな水中でキラキラとリアルなトレースすることできます。
さらにホバストで見やすいような背中にうっすら色を付けて
ラインテンションコントロールによって喰わせのすべてがぴったりだとたまらんので今連れた感じのアクションを生む
「このポイントをどのようにホバストで攻めたかというと張らず緩めず」の状態をこの内容がすごく大事で今ここに対して描いたのが簡単に演出できるうえ、
奥にしょぼいんだけどオーバーハングがありそれには価値が無いんだけど
低活性期にありがちなフッと軽くなる岸際をよく見たらちょっと枝がレイダウン的に沈んでいてバイトも、
より大きく感知することが山間部でクリアアップで動ける強い個体が可能です。
シマノバスロッドの最高峰となる岸に刺す可能性もあり季節をいち早く捉えた個体が「ポイズンアルティマ」は、
現在持ちうるそういう動きをするバスも居るのでこの寒い中でもテクノロジーをフル採用したレーシングロッド。

タイトルとURLをコピーしました