本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ フリームス LT5000-CXHのインプレと使い心地は?正直な感想をレビュー!

ダイワ

⇒ダイワ フリームス LT5000-CXH 21年

新たに開発されたカーボン含有樹脂ZAION Vをボディ素材に採用する事により、高い剛性と更なる軽量化を実現。

また、ZAION Vの採用で大幅に軽量化されたエアローターにより、回転レスポンスが更に向上。

実売価格15400円 21フリームスLT5000-CXH購入。いざ開封。

⇒ダイワ フリームス LT5000-CXH 21年

ダイワのリール「フリームス LT5000-CXH」は、釣り愛好家の間で高い評価を受けているリールの一つです。この記事では、フリームス LT5000-CXHのインプレッションと使い心地について、正直な感想をレビューしていきます。また、SEOを意識した構成にするために、まずは「フリームス LT5000-CXH」とは何かについて簡単に紹介します。

【フリームス LT5000-CXHとは?】

フリームス LT5000-CXHは、ダイワが開発したスピニングリールの一つで、最新の技術が搭載されています。CXHは「エクストラハイギア」という意味で、1回転あたりの巻き上げ量が91cmと非常に速いため、大物狙いや深場での釣りに適しています。また、フリームスシリーズは、軽量化を徹底追求したボディーが特徴。

【実際に使ってみた感想】

さて、実際にフリームス LT5000-CXHを使ってみた感想ですが、まず驚いたのはその軽さです。手に取ると、いかにも「軽い」って感じがして、実際に使っても手首に負担がかかることがありませんでした。また、操作性も非常に良く、スムーズな巻き上げが可能です。

さらに、ハンドルがクランク位置に近く、手元から力を入れることができるため、大物狙いやディープな釣りでも楽に巻き上げることができました。また、1回転あたりの巻き上げ量が91cmと非常に速いため、ラインを巻き取るスピードが速く、キャストからのリトリーブがスムーズにできます。

さらに、スプールの巻き上げ量が多いため、ラインをたっぷりと巻くことができます。これにより、長時間の釣りでもラインが切れる心配が少なく、快適な釣りを楽しめます。

ダイワ フリームス LT3000-XH 21年のインプレは魚を掛けてから獲るまでの過程

【使い心地について】

フリームス LT5000-CXHの使い心地は、非常に良好です。軽量化されたボディーとエクストラハイギアの採用により、長時間の釣りでも疲れにくく、快適に釣りを楽しめます。また、ハンドルがクランク位置に近く、手元から力を入れることができるため、大物狙いやディープな釣りでも楽に巻き上げることができます。

さらに、マグシールドと呼ばれる耐久性の高いシールドを採用しているため、水や泥が内部に入り込むことがなく、リールの寿命を延ばすことができます。また、ラインローラーにも同様のシールドが採用されているため、ラインが巻き込まれることもなく、スムーズなラインローリングが可能です。

さらに、デザインも非常にスタイリッシュで、釣りをするだけでなく、見た目の美しさも楽しむことができます。また、取り付けるラインによっても印象が変わるため、自分好みのラインを選ぶこともできます。

【まとめ】

以上のように、フリームス LT5000-CXHは、ダイワが開発したスピニングリールの中でも高い評価を受けている製品の一つです。軽量化されたボディーやエクストラハイギアの採用により、使い心地は非常に良く、長時間の釣りでも疲れにくく、快適に釣りを楽しむことができます。

また、マグシールドや耐久性の高いシールドの採用により、内部への水や泥の侵入を防ぎ、リールの寿命を延ばすことができます。さらに、スタイリッシュなデザインや、自分好みのラインを選ぶことができる点も魅力的です。

釣り愛好家にとって、フリームス LT5000-CXHは、高性能で快適な釣りを楽しめるリールとして、おすすめの製品の一つです。釣りの楽しさをさらに増すために、ぜひこのリールを使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました