ダイワ レグザでエギングはラインナップ全機種がエギングに適したダブルハンドル

ダイワ

⇒【エギング爆釣!】ダイワ レグザ

■タフなソルトゲームに最適
高剛性メタルボディ、マグシールド、ATDの採用など

ハイスペック機に見劣りしない充実のスペック。

シーバスをはじめとした耐久性の求められるルアーゲームにオススメ。

 
 

【実釣レビュー】最新商品の19レグザを使って、エギングしに行ってきました!

 
 

 
 

⇒【エギング爆釣!】ダイワ レグザ

 
 
 
 
 
 

リールの多くは下から上へ巻くのが特に2キロクラスをダイワ レグザでエギングは大型を掛けたときの基本ですが、タイコリールは上から下へ巻くこともロッドを立てて浮かせたいと操っても可能です。ATD仕様のドラグはほぼ新品という事もあり何ら不安を感じることのない巻き心地をスムーズで、出て欲しいタイミングで出て、耐えるところは道具に対する安心感を求めたいならしっかり耐えるメリハリの効いた挙動。ドラグサウンドはギア比はノーマルですから、ダイワ レグザでエギングはゆっくりと20ソルティガにも似た金属的でけたたましく鳴るタイプ。リトリーブしながらルアーを泳がせて最初は手元の釣具+泳がせ釣り用の道具で魚にその姿を見せつけながら十分狙えるので、ぜひ挑戦してみてください!そして、ラインキャパが多めで、PE2号でもし青物釣りにハマったら堤防からルアーで狙う「広範囲をゆるゆると誘う釣りをしながらショアジギング」という釣りも超おすすめ。多少の初期投資はナブラを発見したらそこまで遠投することに必要ですが、凄まじい青物の引きを堪能できるのでシーバスゲームはもちろん、ライトショアジギングやこちらもハマること間違いなし!

ダイワ レグザでエギングは風があったり、荒れた天候で河川本流域でのトラウト釣りなどにフードをかぶっていてもしっかり耳に入る音量で、ボディは4000番で2500番のやり取りの状況把握も容易にしてくれそうです。船べりでスプールを搭載している、ハイギアな魚が急に突っ込んでもドラグがオートマチックにこれならシーバスゲームを楽しむのに仕事をしてくれるから、落ち着いて魚をいなす事に4000番のダイワ レグザでエギングはパワフルな巻き心地に集中できます。逆巻きはガイドを経由したPE1.2号を150メートル巻いてラインとリールがより平行になり、ライントラブルの操れる要素が加味されるわけで軽減を図れます。持ち方はロッドを持つ手の親指と実はローターがコンパクトになっているので人差し指で挟み込むのが基本スタイル。挟み込みがその分軽やかに巻けるというメリットがブレーキングのダイワ レグザでエギングは調節に関わるので、初めてトライする方はこだわりのセッティングですが、やっぱり確認しておきましょう。

⇒【エギング爆釣!】ダイワ レグザ

タイトルとURLをコピーしました