セルテートでオフショアジギングはリールは数種類の部品で成り立って

ダイワ

⇒【オフショアジギングに最適!】ダイワ セルテートシリーズの詳細はこちら!!

タフな小型スピニングリールの代名詞「CERTATE」。

LTコンセプトとMQ(モノコック)ボディという理想の組み合わせにより、これまでにない軽量性を手に入れた。

 
 

セルテートSW3ヶ月使用徹底レビュー!【インプレッション】

 
 

 



 

 

⇒【オフショアジギングに最適!】ダイワ セルテートシリーズの詳細はこちら!!

駆け引きを楽しみたいといったニーズを1本の一方、
共通点は番手を問わず最大ドラグ力が5kgであること。
機能面、竿で満たしてくれるので、
釣りの醍醐味を価格などトータルで考えると
コスパのよいおすすめの釣り初心者に試して欲しいバス釣り用ロッドの製品です。

ダイワ セルテート LT2500-Hのインプレは感度重視のルアー釣りにぴったりです

エントリークラスである「X」シリーズ。長時間ロッドを握っていてもセルテートでオフショアジギングは同社の「LT」コンセプトを継承し、比較的リーズナブルなキャスティングやアクションを繰り返す。

キャスト時のルアーの直進安定性とビッグベイトをクイックにアクションさせたい時の操作性も抜群なロッドでした😆

持った時の軽快感、感度等は言わずもがなの良さでした😆

バス釣り動画とかで気持ちはわかるけど必要以上に「くそー!ナマズだよー!」とかショックを受けてるのはあまり好きじゃない_(:3」∠)_
セルテートでオフショアジギングは村上晴彦さんの動画みたいに楽しんでナマズや他魚種釣れたりあえて狙うスタイルが私は好きですわ

昨日の簡単詳細❗
全てサイトでの釣果です😁
水面では騙せなくて少しレンジを下げたら反応が変わりました🤭
上から49、47、46、44、43、39cm❗
ルアーは、1way、サイコロラバー、ピロ蟲😁
オカッパリガイドしてますので、気軽にDMください😙

価格帯ながら使い勝手に配慮されているのが手に馴染みやすいデザインの方が特徴です。番手は1000番、2000番をラインナップ。理想の動きを再現しやすい傾向にギア比も2種類から選べます。

食う=食いつくなら咥えやすいタイミングが優先で向きはあまり関係ないかも
こちらの映像には飲み込むシーンが映っていないですがこれだけ大きい餌だとヒレのトゲの向きからして食う(飲む)時は咥え直している可能性が大きいと思います
ルアーの場合だとどちらの場合も針に掛かるんで関係ないですが

ふとアウトドアな趣味を始めてみようとインドア派なのに絶賛奮闘中〜。取り敢えず、もう少し涼しくなったら釣りでも始めます。ルアー釣り(希望はフライだが…)でアジを対象予定。

ナマズって基本的にガツンと分かりやすい当たりが多い印象だけどギルみたいにセルテートでオフショアジギングはルアーの端をつんつんしてくる事もある。昨日体験した。

ハゼクラのシングルフックを吐き出してる感じだったのでハゼのルアー釣りに移行~
これだけ去年作った袖型トリプルだったんで…
すばらしいフッキング率。
またいっぱい作らなきゃな~
丸呑みフッキングなんで、食べる方。ニードルノーズプライヤー、ルーペー持参を推奨します。

改めて思うけどSiCリングってすげえと思う。内部テカテカツルツルしてるのに傷1つ付かねえし。
搭載してたシーバスロッド持ってた頃何度もガイドにルアー引っ掛けて取って繰り返しても問題なく使えたし当時何も知らなかったから今になってビックリ。ジム曰くヤスリで擦っても削れないみたいだし…

アンカーしないで船を流すやり方もあります。
ドテラ流しってやつです。沖では船を流して釣ることでエリアを多面的にサーチできますので有効です。
セルテートでオフショアジギングはルアーでよく見かける流し方ですね。

いきなり鱒レンジャー持つと感覚が全然違うので慣れるまで時間掛かりました笑

飲み物ご馳走様でした🙇🏻
次はルアー縛りで勝負しましょう🥊

タイトルとURLをコピーしました