ヒラスズキ釣りに最適なダイワセルテートの使い方とは?

ダイワ

⇒【ヒラスズキ絶好調!】ダイワ セルテートシリーズの詳細はこちら!!

タフな小型スピニングリールの代名詞「CERTATE」。

LTコンセプトとMQ(モノコック)ボディという理想の組み合わせにより、これまでにない軽量性を手に入れた。

セルテートSW3ヶ月使用徹底レビュー!【インプレッション】



 

⇒【ヒラスズキ絶好調!】ダイワ セルテートシリーズの詳細はこちら!!

ヒラスズキ釣りは、日本の沿岸部で人気のある釣りの一つです。ダイワセルテートは、そのような釣りに最適なリールの一つであり、ヒラスズキ釣りにおいても非常に優れた性能を発揮します。本記事では、ダイワセルテートを使用してヒラスズキ釣りを行うための最適な使い方について説明します。

ヒラスズキ釣りの基本

まず、ヒラスズキ釣りの基本を理解することが重要です。ヒラスズキは、岩礁や人工物に群れを作っていることが多く、水深30メートル前後の沖合いにいることが多いです。ヒラスズキは、小魚やエビなどの小型の餌を好むため、仕掛けに小さいエサを使うことが一般的です。

ダイワセルテートの特徴

ダイワセルテートは、スピニングリールの一つであり、軽量かつ高性能なリールとして知られています。特に、軽量かつ高剛性のアルミ製ボディと、ダイワ独自のマグシールド構造によって、耐久性に優れ、長時間の釣りにも対応できます。

また、ダイワセルテートは、ブレーキシステムが高精度に設計されており、スピニングリールの中でも非常に滑らかなドラグ性能を発揮します。これによって、大型のヒラスズキを安定してキャッチすることができます。

ダイワセルテートの使い方

ダイワセルテートを使用してヒラスズキ釣りを行うためには、以下のステップに従ってください。

ステップ1:ラインをセットする

最初に、釣り竿に適したラインをセットします。ヒラスズキ釣りにおいては、細いラインを使用することが一般的で、ラインの強度は2ポンドから4ポンド程度が適しています。また、ヒラスズキ釣りでは、ラインを30メートル程度巻き取ることが一般的です。

ステップ2:リーダーをセットする

次に、ラインにリーダーをセットします。リーダーは、ラインよりも強度のある糸で作られており、ヒラスズキの鋭い歯や岩礁に引っかかった際に切れにくくするために使用します。リーダーの長さは、一般的にはラインの長さよりも少し短く設定されます。また、リーダーの太さは、釣る魚の大きさや環境によって異なりますが、3ポンドから6ポンド程度が適しています。

ステップ3:仕掛けをセットする

次に、ヒラスズキの好む小型のエサを使用して、仕掛けをセットします。仕掛けは、ハリスと呼ばれる釣り針を使用して作られます。ハリスには、シンカーと呼ばれる重りを付けることが一般的で、シンカーの重さは、環境によって異なりますが、1グラムから10グラム程度が適しています。また、ハリスの数は、2本から4本程度が一般的です。

ステップ4:リールをセットする

最後に、ダイワセルテートのリールをセットします。リールには、ラインを巻き取るスプールがあります。スプールの巻き取り量やスピードなどは、釣り環境や釣る魚の大きさによって異なりますが、ダイワセルテートのリールには、巻き取り量やスピードを調整できる機能が備わっています。また、リールのブレーキやドラグを調整して、釣り糸がスムーズに出るように設定します。

まとめ

以上が、ダイワセルテートを使用してヒラスズキ釣りを行うための基本的な使い方です。釣り環境や釣る魚の大きさによって、仕掛けやリールの設定が変わることがありますが、基本的な流れは同じです。また、釣り竿やエサの種類なども、釣りの成功に大きく影響するため、環境や釣りの目的に合わせて選択することが重要です。釣りには、自然と向き合いながら楽しみながら行うことができる素晴らしいスポーツです。ダイワセルテートを使用して、より効果的なヒラスズキ釣りを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました