本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ イグジストを使ってシーバス釣りに挑戦!初心者でも簡単

ダイワ

⇒【シーバス抜群の操作性!】ダイワ イグジスト

ダイワの高級リール「イグジスト」は、釣り人たちに長年にわたって愛され続けています。その高い性能と使いやすさは、釣りの楽しさをさらに高めることができます。今回の記事では、ダイワ イグジストを使ってシーバス釣りに挑戦する初心者の方々に向けて、簡単な釣り方やポイントをご紹介します。

【ダイワ イグジストでのシーバス釣りのポイント】

シーバス釣りのポイントは、大きく分けて二つあります。まず、場所選びが重要です。シーバスは沿岸部に生息しているため、海岸線を中心に釣りをするのが基本となります。また、シーバスは夜行性が強く、夜間の釣りが有効です。夜になると、岸辺の光を目印に餌を探しに来るため、ライトアップされた岸辺や漁港周辺がポイントとなります。

次に、使うルアーの選び方がポイントとなります。シーバスは餌を見つける能力が高く、ルアーの動きに敏感です。そのため、リアルな動きが再現されたミノーやジグヘッド、ポッパーなどのルアーがおすすめです。また、ルアーのサイズや色も重要です。シーバスが好む餌は、小さめの魚やイカなどの生き物が多いため、サイズが小さめで自然な色のルアーが有効です。

【18イグジスト】に物申す!?ダイワ最高峰スピニングリールをインプレ

⇒【シーバス抜群の操作性!】ダイワ イグジスト

【ダイワ イグジストでのシーバス釣りの方法】

ダイワ イグジストを使ったシーバス釣りの方法は、以下のようなステップで行うことができます。

釣り場を選ぶ:シーバスが生息する海岸線や漁港周辺を選びます。また、夜になるとよりシーバスが活発になるため、夜間の釣りがおすすめです。

ルアーを選ぶ:シーバスが好むリアルな動きが再現されたミノーやジグヘッド、ポッパーなどのルアーを選びます。サイズや色も考慮して、自然なものを選びましょう。

リールにラインを巻く:ダイワ イグジストにラインを巻く際は、ラインの種類や太さにも注意が必要です。シーバス釣りには、ナイロンラインやフロロカーボンラインが適しています。また、ラインの太さはルアーのサイズに合わせて選びましょう。

キャストする:適切なルアーを選び、ラインを巻いたら、次はキャストです。キャストする際には、風向きや風速、潮の流れを考慮して、適切な力加減で投げることが重要です。遠投ができるように練習をすると、より広い範囲にルアーを投げることができます。

リトリーブする:ルアーを投げたら、リトリーブを始めます。リトリーブは、ルアーを水面上でゆっくりと動かすことで、魚にアピールします。シーバスは、餌を追うようにルアーを追ってくるため、リトリーブのスピードや動き方も重要です。リアルな動きを再現したルアーを使用すると、よりシーバスを誘いやすくなります。

ダイワ イグジストの新作を紹介 手で引っ張って痛くない程度に

フックセットする:シーバスがルアーにアタックしたら、次はフックセットです。フックセットとは、フックを魚の口に食い込ませるために、ラインに力を加えることです。フックセットのタイミングや力加減が重要です。フックセットに成功したら、魚を巻き上げてランディングする準備をしましょう。

ランディングする:シーバスを巻き上げてランディングする際には、ダイワ イグジストの強力なドラグシステムを活用しましょう。ドラグを適切にセットすることで、魚を引き離すことができます。また、シーバスはジャンプすることがあるため、リールを巻く際には、十分な余裕を持って対応しましょう。

以上が、ダイワ イグジストを使ったシーバス釣りの基本的な方法です。初心者でも簡単に始めることができるので、ぜひ挑戦してみてください。釣果を上げるコツは、ポイントやルアーの選び方、リトリーブの工夫など、経験を積んでいくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました