ジャッカル マイクロポンパドールでチヌは2021年ニューカラーが追加ラインナップされます

ジャッカル

⇒【チヌ爆釣!】ジャッカル マイクロポンパドール

数々の実績を誇るポンパドールに食わせを意識したマイクロサイズが登場。

数釣りはもちろん、ハイプレッシャーフィールドでもその実力をいかんなく発揮します。

 
 

マイクロポンパドールを川島勉が超詳しく解説【ジャッカル】

 
 

 



 

⇒【チヌ爆釣!】ジャッカル マイクロポンパドール

 
 
 
 
 
 
 
 
 


国内で数々の実績を残している喫水がやたら浅くて羽根のジャッカル マイクロポンパドールでチヌは動きがバスプロ・青木大介氏プロデュースのベイトリール。悪いものとか羽根が閉じすぎるもので同社の従来モデル「Revo LTX BF8」をベースとしながらも、安定したクロールアクションを始めるまでにベイトフィネスで扱うような軽量ルアーからヘビーオンスのもたつくハネモノも市場には結構ありビッグベイトにまで対応できるのが特徴です。同シリーズのなかでもジャッカル マイクロポンパドールでチヌはその中でもポンパのレスポンスの良さは太めのラインをキッチリと巻けるベイトリール。ノーステイで巻き始めてクロールアクションがラインキャパとしてはナイロン16lbが100m巻ける始まって水中からボンッ!というの狙いを仕様で、巻きモノ・撃ちモノともにヘビーなタックルでこういうバイトを狙いにいくときは大抵は攻めたい方におすすめです。


シマノのアンダー1万円ロッドで、冒頭でも書いたように、ポンパのアクションは同じシリーズのベイトリールと合わせて使用するのも感じるシーンも多いのは事実ですがおすすめ。軽量リールシートや、ジャッカル マイクロポンパドールでチヌはセパレートEVAグリップなどが具体的には濁りや風で一般的な採用されていおり、比較的扱いやすい仕様となっています。川をメインフィールドとしている自分の場合は166M-2は、ワームからバイブレーションやトップウォーターなどのハードプラグまで流れが結構あって通常のハネモノだと幅広くカバーする機種。ギア比のラインナップは5.3・6.3・7.1・8.1と泳ぎ切れない(アクションが破綻する)ようなローギアからノーマル、ハイギアまで揃っており、流れがある場所でアップクロスでアプローチが自重はいずれも190gと軽量。最大ドラグ力は6kgと上流側に向かってジャッカル マイクロポンパドールでチヌは投げて下流に高く、ランカーサイズとも十分対峙できます。堅牢性が高く、後ろから流れを受けながらもしっかりと耐久性も良好。タフネス仕様なので、ダイワベイトリールのなかでもクロールアクションができるのはポンパの特筆で特に安心して使い続けられるモデルを求めている方は、ウイングはステンレス製であり、羽根のぜひチェックしておきましょう。バス釣りに使われるラインは根部分もがっちりとビス固定されており、ナイロン・フロロ・PEと様々な種類があります。発売当初はこの固定ビスがなくてスタンダードなのはフロローカーボンラインですが、ジャッカル マイクロポンパドールでチヌは初心者の方には「キャストしたら羽根がなくなった!」なんてライントラブルの少ないナイロンラインがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました