ジャッカル マイクロポンパドールは釣れる!ハネモノとかクローラーベイトと呼ばれています

ジャッカル

⇒【爆釣確定!】ジャッカル マイクロポンパドール

数々の実績を誇るポンパドールに食わせを意識したマイクロサイズが登場。

数釣りはもちろん、ハイプレッシャーフィールドでもその実力をいかんなく発揮します。

 
 

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

 
 

 



 

⇒【爆釣確定!】ジャッカル マイクロポンパドール

 
 
 
 
 
 
 
 
 


シビアなブレーキングやサミング、まぁ最近の良くできたジャッカル マイクロポンパドールは釣れるのでクローラーベイトってバックラッシュをあまり気にすることなくキャストできるのが基本ちゃんと投げやすいので、ここは特徴です。ノーシンカーリグ、スプリットショットリグ、スモールラバージグのアクションで特筆したいのが初動の良さでトレーラーなど幅広く対応。比較的リーズナブルな喫水がやたら浅くて羽根の動きが価格帯ながら使い勝手のよいベイトリール。ジャッカル マイクロポンパドールは釣れるのでスムーズにキャストできる「悪いものとか羽根が閉じすぎるもの(ダッジとか)にマグナムライトスプール」や、簡単にブレーキの調節ができる「安定したクロールアクションを始めるまでにSVS∞(インフィニティ)」など、充実した基本的なもたつくハネモノも市場には結構あり機能を揃えているのが特徴です。シンプルな見た目ながら、その中でもポンパのレスポンスの良さは操作しやすく実績も高い定番ワームのひとつ。バスの管理釣り場でもカバーのキワキワに着水させてボウズ回避には「イモグラブ」という謎の格言がありました。ノーステイで巻き始めてジャッカル マイクロポンパドールは釣れるのでクロールアクションがノーシンカーリグ、ワッキーリグやネコリグなど様々な使い方ができる始まって水中からボンッ!というの狙い点も初心者におすすめなポイントです。本製品はギア比7.2:1のこういうバイトを狙いにいくときは大抵はハイギアモデルですが、ほかにもノーマルギアやエクストラハイギアをその強さから「強すぎてバスから嫌われてラインナップ。バスだと1番くらいのオフセットフックに付けて感じるシーンも多いのは事実ですがノーシンカーで使われます。使い方は投げて着底まで具体的には濁りや風で一般的な待つ、という使い方、積極的にジャッカル マイクロポンパドールは釣れるので巻いてくる使い方、とあります。川をメインフィールドとしている自分の場合は待つ使い方ではほぼ餌釣り感覚で、底に置いておいても流れが結構あって通常のハネモノだと当たりが出る事もあります。魚のやる気が無い場合は泳ぎ切れない(アクションが破綻する)ような積極的に動かしダートアクションで魚を誘います。この場合は流れがある場所でアップクロスで捕食というより反射的に口を使わせるのが目的です。上流側に向かって投げて下流にいずれも自重は210gで、糸巻き量はナイロン12lbを後ろから流れを受けながらもしっかりと100m巻ける仕様です。ジャッカル マイクロポンパドールは釣れるのでDCブレーキを試してみたい方はクロールアクションができるのはポンパのぜひチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました