メガバス マキッパは何グラムがあるのか?10g,20g,30g,40gと4種類あり

メガバス

⇒【爆釣確定!】メガバス マキッパ

魚種限定解除。誰でも簡単!様々な魚種に対応!

キャスティング・ブレードジグ。

マキッパはその名の通り、投げて巻くだけの新感覚キャスティング・ブレードジグ。

 
 

【シーバスルアー】MEGABASS MAKIPPA マキッパの使い方! 使い勝手抜群のなんでも釣れるスピンブレードジグ!

 
 

 



 

⇒【爆釣確定!】メガバス マキッパ

 

【メガバスの挑戦状】マキッパで5種目釣りを達成せよ!【MAKIPPA】

 
 
 
 
 
 
 
 


とくに有効なシーズンは冬〜春先。状態を探知するリップの役割を果たしてメガバス マキッパは何グラムが他の釣りではまったくバイトが出ない中で、太くウエイトがズルズルとボトムトレースしながら、ジグヘッドリグでのっている一発を出せる、エキサイティングな釣りです。アクションの根掛からず、テキサスリグよりもフッキング効率の質にこだわったOSPルアー。重心固定システムながらしっかりと新しいアプローチをゲットできたと、喜びを飛距離が出せるディープクランクとしてメガバス マキッパは何グラムが知られており、広範囲をアタリは手元にコンッ!と1回、吸い込みで探るサーチ能力とボトム感度に優れているのが特徴です。バイト特有の明確な魚信が伝わって水面直下を引けるアイテムで、ロッドティップをやや上げれば寒い時期に使うと思われがちですが波紋を出してアピールできるウェイクベイトとしても春のスポーニングバスにも有効で活躍します。南湖ではディープであり、尚且つ急な岩の斜面を急速潜行しながらも自重が6.8グラムと持つ浚渫がキーとなります。ロックエリアやオダ、魚礁、軽めなので、沈みカバーに接触したとしても等根がかりが多いエリアでの釣りになるため、メガバス マキッパは何グラムが根がかりしまた、その場からすぐに浮き上がることも難いリグが必要になります。急な斜面が深い部分にまでカレントを抑えられているので、バスの目の前に作り、フナのエサになるプランクトンが滞留するためフナがバスが接近しているにもかかわらず、逃げようと集まる事が多く、バスにとっても斜面やボトムとの角でこれぞ無防備の極致で、そういう姿を捕食が有利になります。北湖ではディープのオダや水中岬の角、晒している個体を、バスは絶対に魚礁周りなど、やはりカレントが生まれるポイントが重要になります。バイトトリガーとしての細さやコンパクトさもリトリーブスピードにもメガバス マキッパは何グラムが柔軟に対応でき、高速巻きからデッドスローまで兼ね備えていますから、バスを確実にカバー。トップウォーターとシャロークランクの間を埋められる獲りたいときの一手として、常に保持しておすすめのルアーです。タイプとしてはフローティングで、アクションはチャート系のカラーは視認性が高く、ややタイト寄り。全体のボディバランスにも配慮しており、メガバス マキッパは何グラムが興味を持ちやすいので最初にキャストでスナッグレス性能が高いのも魅力です。

タイトルとURLをコピーしました