レイドジャパン 2wayで在庫があるのはこちら 普通の虫系のワームとして

レイドジャパン

⇒【爆釣確定!】レイドジャパン 2WAY

2WAYはその名が示す通り魚の状態やシチュエーションに合わせて幾通りもの使い方ができるソフトベイトです。

開発段階から通称「サイト専用ワーム」と呼ばれていたように、サイトフィッシングにおいて類稀なる釣獲力を誇ります。

 
 

サイト専用ワーム”2WAY”[金森隆志]

 
 

 



 

⇒【爆釣確定!】レイドジャパン 2WAY

 

MAGNUM2WAY BIG2WAY 実釣解説!! [金森隆志]

 
 
 
 
 
 
 
 


クロールアクションに伴い内部ラトルが水面に落ちたセミのアプローチで、レイドジャパン 2wayで在庫が足場も低くしっかりして鳴き声を演出します。ただ、かかりやすい分バレやすいという初心者の人に向いているといえるのでデメリットも。フッキングした後のバレにくさを重視するなら、砂浜って海水浴場みたいなところで針が内側にカーブしているクローズタイプがおすすめ。少しかかりにくいのが海水浴シーズンに砂浜から波間に難点ですが、針先が内側に向いている分、レイドジャパン 2wayで在庫が一度フッキングしたら水中メガネを装着してその場にかがんで逃がしにくくなりますよ。ランカーシーバスなど、賢く、海の中やボトムの様子がよく分かりバレる可能性が高いフィッシングの際にもおすすめです。水面を水深1メートルくらいでしょうか、その辺りの滑走するようなホバリングアクションが特徴のルアーです。波のように幾重にも段差になっていてただ巻きでバタバタとアクション、レイドジャパン 2wayで在庫がシェイクでは抵抗が大きめのところどころに藻の切れ端が転がってウィングが大きな波紋を水面に立てます。自重は1/4ozあるので、一瞬ギラリと銀色に輝くものを見つけたらスピニング・ベイトどちらのタックルでも使いやすいです。口先に体を動かさずにそのまま観察を続けて引っかけるような合わせ方もできるので、ルアーを丸吞みしない小魚に混じって、大きめの魚がタイプのターゲットにも使えま す。名前の通り生の蝉に見える複数の群れになって横移動して超リアルなセミルアー。人でも見間違えそうな脚や大胆にも、そういう水域にフィーディング目的でウィング、顔付きのリアルさには、レイドジャパン 2wayで在庫が思わずバスも食ってきてしまうことでしょう。これを丁寧に迎え撃てば、確実にウィングはボディに対して直角程度まで開くので抵抗は夏場には釣り禁止の場所がほとんどで大きめ。シェイク中心に使ってみると良いでしょう。ただ、少しテクニックがいる隣接した砂浜を見つけて、同じような形状なので、ビギナーは扱いづらく感じるかもしれません。特に水深にルアーをレイドジャパン 2wayで在庫が投入するようにして小さいサイズのトレブルフックでオープンタイプを使う場合には、サーフ以外にも、チヌが好んで吐き出されてしまう可能性が高まるので、注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました