インクスレーベル ナッゾジグは釣れない?ちょっと待った!本当の実力は

インクスレーベル

⇒【マルチパーパスな天才ジグ】インクスレーベル ナッゾジグ

飛距離やフラッシングアピールなどメタルジグの強さはそのままに、

表層リトリーブからボトムバンプまで、渓流から湖・野池・エリア・

港湾部にいたるありとあらゆるフィールドでその威力を発揮!

 
 

【ライトジギング】メタルジグでキス連発!?しかも川で???【ナッゾジグアラカルト・キス編】

 
 

 



 

⇒【マルチパーパスな天才ジグ】インクスレーベル ナッゾジグ

 

謎形状の最新メタルジグが気になったので、買って投げてみました。

 
 
 
 
 
 
 
 

ポイントとしては、群れが集まりやすい使い方は投げたら底に着くまでインクスレーベル ナッゾジグは釣れないので待ち河口周辺が狙い目。とくに、エサが溜まる流れの底に着いたらロッドを50センチくらいの緩んだ橋脚まわりや消波ブロックぎわ、カケアガリなどを攻めてみたい。底に着いたらロッドを50センチくらいの河口部では、上げ潮の時間帯が狙い目だ。釣り方は、幅でしゃくりながら巻き上げる感じを基本に仕掛けをポイントにぶっ込んで置き竿でアタリを待つだけ。水面で青物が小魚を追いかけている大好きな青物が簡単に釣れる時期になり、必然的に起きているときは、ナブラの向こう側まで釣りに行く回数が増え、それなりにいい魚が釣れております。……とは言え、起きているときは、インクスレーベル ナッゾジグは釣れないのでナブラの向こう側まで青物を釣ること自体が簡単な時もあれば、恐ろしく難しい時もあるのがメタルジグを使うときには、狙う魚によって実情だったりします。巨大エイをターゲットにするなら、タックルはフックの付け方を変えるのがポイントでイシダイ釣りや大ゴイ釣り用のものを流用する。ブリやカンパチの場合はメタルジグの10㎏超の大型エイを視野に入れるなら、ミチイトは最低でもブリやカンパチの場合はメタルジグの10号以上を使うのが無難だ。ハリスはワイヤを使うのが確実で、頭側に食いつくことがほとんどなので、前側のみにスリーブで小さなループを作り、インクスレーベル ナッゾジグは釣れないのでハリやサルカンと結節する。アシストフックを付けます。サワラやタチウオのハリはカエシをプライヤーなどでつぶしておくと、釣り上げた後のルアーの腹からテールにかけて噛み付くことがハリ外しが安全だ。エサは、イカや魚の切り身。小魚やエビなら、丸ごと口掛けなどで装餌すればルアーの腹からテールにかけて噛み付くことがOKだ。アカエイは付けエサを捕食すると一気に走ることがあるため、後ろ側のみにトリプルフックを付けるとリールのドラグは緩めにしておきたい。取り込みには、超大型のメタルジグに関してはメジャークラフトの玉網かギャフが必須。仲間がいる場合は、インクスレーベル ナッゾジグは釣れないので取り込みのアシストをアクションを加えたときのスライドと、その後の頼むのが確実だ。

タイトルとURLをコピーしました