本ブログはプロモーションが含まれています

シマノ エクスセンス シャローアサシンでチヌを釣るためのポイントとは?

シマノ

⇒【異次元の釣果!】レイドジャパン エグダマ タイプレベル

ティンバーやレイダウン・ブッシュ等のカバー。

護岸などの縦ストラクチャーにサスペンドし、単純なカバー撃ちは勿論、

フィネスベイトによるフリーフォールにさえ反応しない難攻不落のバスを攻略する。

今までにないスモラバ!!エグダマタイプレベル!![江口俊介]



シマノのエクスセンス シャローアサシンは、ヒラメだけでなくチヌ釣りにも使われることがあります。このルアーを使ってチヌ釣りをする場合、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。以下では、シマノ エクスセンス シャローアサシンでチヌを釣るためのポイントをご紹介します。

水深が浅い場所で釣る
シマノ エクスセンス シャローアサシンは、水深が浅い場所での釣りに適しています。チヌは、岸辺や河口などの浅い場所でエサを探し回っていることが多いため、水深が浅い場所で釣ることが重要です。

海藻の生えた場所を狙う
チヌは、海藻が生えた場所に生息していることが多いため、海藻の生えた場所を狙うことが効果的です。シマノ エクスセンス シャローアサシンは、海藻の生えた場所でもスムーズに泳ぐことができるため、このルアーを使うことで海藻の生えた場所でも効果的に釣ることができます。

早朝や夕方に釣りをする
チヌは、太陽の光が強くなる昼間にはあまり活発にならず、早朝や夕方に釣りをすることが効果的です。これらの時間帯は、チヌが活発に動き回っているため、シマノ エクスセンス シャローアサシンを使って狙うことで、より効果的に釣果を狙うことができます。

リトリーブの速さを調節する
シマノ エクスセンス シャローアサシンのリトリーブの速さを調節することで、チヌにとって釣りやすい動きを演出することができます。チヌは、泳ぐ魚を狙っているため、シマノ エクスセンス シャローアサシンの動きが自然なものであることが重要です。

エグダマ タイプレベル トレーラー別アクション映像 EGU-DAMA Type-LEVEL Raid Japan

⇒【異次元の釣果!】レイドジャパン エグダマ タイプレベル

フックの選び方
チヌ釣りにおいて、フックは非常に重要な役割を担っています。サイズや形状、強度などを適切に選ぶことが、釣果に大きく影響することがあります。シマノ エクスセンス シャローアサシンにおすすめなフックは、ジギング用のフックです。サイズはチヌの口に合わせて小さいものを選びましょう。また、フックの形状は、鈎先がやや内側に曲がったオフセットフックがおすすめです。これは、鈎先が少し内側に曲がっているため、口の奥にしっかりとフックを掛けることができるからです。

シャローアサシンの使い方
シャローアサシンを使う際には、ジグヘッドと組み合わせて使用することが一般的です。まずは、底まで落としてから、ゆっくりとリトリーブするという方法が有効です。ただし、チヌの場合は、底から5~10cm上げたところで、ゆっくりとリトリーブするのがポイントです。また、ストップ&ゴーというテクニックを使って、リトリーブ中にシャローアサシンを一時停止させることも効果的です。これにより、食い込みにくいチヌにもアピールしやすくなります。

釣り場の選び方
チヌは、岩礁や磯場などの根魚として知られています。そのため、岩礁や磯場が多い場所を選ぶことがポイントです。また、潮の流れが早い場所や、エサが豊富な場所なども、チヌが多く棲息する場所です。釣り場を選ぶ際には、風向きや風速、潮の満ち引きなどの天候条件も考慮しましょう。

以上が、シマノ エクスセンス シャローアサシンでチヌを釣るためのポイントになります。これらのポイントを押さえて、チヌ釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました