本ブログはプロモーションが含まれています

釣り好き必見!ジャンプライズのぶっ飛び君95sのインプレッション!

ジャンプライズ

⇒【異次元の釣果!】ジャンプライズ ぶっ飛び君95s

約二年に及ぶ過酷なテストの末、ようやく完成したぶっ飛び君95S。

井上友樹が追い求めてきた新世代のルアーがついに形になった。

テスト段階から圧倒的な釣果を叩き出し、周囲の度肝を抜いてきた期待の新星。

【井上友樹】なんでも釣れちゃうシンキングペンシル!ぶっ飛び君【ジャンプライズ】



釣り好きの皆さん、こんにちは!今回は、ジャンプライズのルアー「ぶっ飛び君95s」のインプレッションをお届けします。

まず、ぶっ飛び君95sの特徴ですが、その名の通り、非常に飛距離が長く、遠くの魚を狙うことができます。また、しっかりとした重量感があり、風が強い日でも安定したキャストが可能です。

使用する釣り竿によっては、ある程度の力が必要になりますが、慣れてしまえば投げやすく、遠投にも抵抗を感じません。特にショアジギングやショアキャスティングにおいて、非常に優れた性能を発揮します。

さらに、ぶっ飛び君95sは、水中でのアクションも非常に鮮明で、魚の興味を引くことができます。また、非常にバランスが良く、リトリーブスピードを自由自在にコントロールできます。

私自身、ぶっ飛び君95sを使用して、様々な魚を釣り上げました。シーバスやヒラメ、サワラなど、幅広い種類の魚を狙うことができ、その結果、大物も獲ることができました。

ただし、初めて使う場合は、キャストのコツやリトリーブの速度など、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。しかし、しっかりと使い込んでしまえば、このルアーの魅力にハマること間違いなしです。

シンキングペンシルを使った青物の狙い方【使い方:ロックショア】

バディーワークス オフベイトで青物やシーバスなど多種の魚に

⇒【異次元の釣果!】ジャンプライズ ぶっ飛び君95s

そうは言っても、ジャンプライズのぶっ飛び君95sは初心者でも扱いやすいルアーです。まず、キャストのコツですが、ラインのテンションに気をつけてキャストすることが大切です。ラインを持ちながら、しっかりと力を込めて投げるようにすると、飛距離が伸びます。

また、リトリーブの速度は、魚の反応に合わせて変えることが重要です。ヒラメが興味を持ってルアーに近づいてきたときは、スローに巻くことで誘惑力を高めます。逆に、反応が悪い場合は、速めに巻くことでアピール力を高めることができます。

さらに、ジャンプライズのぶっ飛び君95sは、水深を自由自在にコントロールすることができます。水面直下から、深場まで幅広いレンジをカバーすることができるため、水深に合わせた使い方をすることで、より多くの魚にアプローチできます。

しかし、ルアーを扱うときには、魚が嫌がるような動きをしないように注意しましょう。例えば、急にルアーを引っ張り上げたり、激しく動かしたりすると、魚が警戒して逃げてしまうことがあります。そのため、自然な泳ぎを心がけて、リアルな動きを演出することが大切です。

ジャンプライズのぶっ飛び君95sは、初心者でも扱いやすいルアーですが、それでも使いこなすには少し練習が必要です。最初は簡単なポイントから始めて、徐々にテクニックを磨いていきましょう。すると、大物を釣り上げる喜びを味わうことができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました