本ブログはプロモーションが含まれています

【インプレ】ワカサギ釣り初心者必見!ダイワのクリスティアワカサギCR III+ソリッドレッドで狙うべきポイントとは?

ダイワ

⇒【操作性抜群!】ダイワ クリスティア ワカサギ CRIII+ ソリッドレッド

「追い食い巻き」機能搭載ワカサギ専用電動リール。

多点掛けに便利「追い食い巻き」機能搭載。

10cm単位水深カウンター。5段階変速巻き上げスピード調整。

2019クリスティア ワカサギ 使い方紹介|ワカサギ最前線

⇒【操作性抜群!】ダイワ クリスティア ワカサギ CRIII+ ソリッドレッド

ワカサギ釣りは、冬の風物詩として多くの釣り人に親しまれています。ワカサギ釣り初心者にとっては、どのように釣りをすればよいのか、狙うべきポイントはどこなのかなど、様々な疑問があるかと思います。そこで、今回はダイワのクリスティアワカサギCR III+ソリッドレッドを使ったワカサギ釣りのポイントについて解説します。

ダイワのクリスティアワカサギCR III+ソリッドレッドとは?

まず、ダイワのクリスティアワカサギCR III+ソリッドレッドとは、ワカサギ釣りに最適なロッドのひとつです。ソリッドレッドという名前が示すように、しっかりとした構造のロッドで、力強いファイトにも対応できます。また、ガイドにはフジのステンレスフレームガイドを採用しており、耐久性も高いため、氷上釣りに最適なアイテムと言えます。

ワカサギ釣りで狙うべきポイント

さて、ワカサギ釣りで狙うべきポイントですが、一般的には水深の浅い場所がおすすめです。特に、深さが3メートル未満の場所がワカサギの好む環境であると言われています。また、岸壁や橋脚などの障害物がある場所も狙い目です。これは、障害物があると、ワカサギがそこに群れていることが多いためです。

さらに、氷上釣りでは、水中の生物の動きを感じ取るために、穴を開ける必要があります。その際、周囲の雪や氷をしっかりと除去し、水面をきれいにすることがポイントです。これにより、水中の状況をより正確に把握し、ワカサギの姿を確認しやすくなります。

ダイワ レオブリッツ 200J-Lのインプレは手動と異なり手返しの早い釣り

ワカサギ釣りで使用する仕掛け

テンヤ仕掛けは、ワカサギ釣りに最適な仕掛けのひとつです。基本的な仕掛けの作り方は、テンヤホックに小さなワーム(エサ)をつけ、ハリスの先に重りをつけたリグを作ることです。これにより、エサが底に沈んでいく様子を演出し、ワカサギの反応を誘います。

また、リグの重りは、水深に合わせて調整することが重要です。水深が深くなればなるほど、重りを多くする必要があります。逆に、水深が浅い場合は、重りを少なくすることがポイントです。また、ハリスには細めのものを使用することで、ワカサギが警戒心を持たずに食いつきやすくなります。

ワーム(エサ)の種類についても、様々な種類があります。代表的なものには、白虫、赤虫、エビなどがあります。どの種類を使用するかは、釣り場の状況やワカサギの好みによって異なります。基本的には、白虫や赤虫などの小型のものを使用することが多いですが、ワカサギが好むエサは場所によって異なるため、試行錯誤が必要です。

まとめ

以上、ワカサギ釣りのポイントと、一般的なテンヤ仕掛けの作り方について解説しました。ワカサギ釣りは、冬の寒さに耐えながらの釣りですが、氷上で楽しむ釣りの醍醐味を味わえます。ダイワのクリスティアワカサギCR III+ソリッドレッドを使い、効率的に釣果を狙ってみてください。ただし、釣りをする際には必ず安全に注意し、釣り場のルールを守って楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました