本ブログはプロモーションが含まれています

【インプレ】ダイワ ジョイナス 2000を使って釣り上手になる秘訣をご紹介!

ダイワ

⇒【操作性抜群!】ダイワ ジョイナス 2000

新型ボディにより、前作に比べて回転フィーリングが大幅に向上。

ギヤには耐久性で定評のあるデジギヤIIを搭載。

糸絡みトラブルを激減させて快適な飛距離をもたらすABS II、ツイストバスターIIなど機能も充実。

激安リールDAIWA JOINUSでシーバス釣りをして見た!青物は…不安ですがサイズ次第です。

⇒【操作性抜群!】ダイワ ジョイナス 2000

釣り愛好家の皆さん、こんにちは。今回はダイワのリール「ジョイナス 2000」を使用して、釣り上手になる秘訣をご紹介します。このリールは、初心者から上級者まで幅広い層に人気があります。それでは、早速秘訣を紹介していきましょう。

【ダイワ ジョイナス 2000の概要】

ダイワ ジョイナス 2000は、軽量かつコンパクトなデザインが特徴のスピニングリールです。最大ドラグ力は4kg、ラインキャパシティは0.6号-150mです。また、クイックフィールII、ツイストバスターII、エアロラップIIなどの最新技術を採用し、スムーズな巻き上げと高いキャスティング性能を実現しています。

【ダイワ ジョイナス 2000での釣りの秘訣】

ラインの選択

ダイワ ジョイナス 2000のラインキャパシティは0.6号-150mですが、釣る魚の種類によってはより太いラインを使う必要があります。例えば、シーバス釣りでは1号や1.5号のラインを使用することが多いです。釣り場やターゲットによって、適切なラインを選択しましょう。

ジョイナスのベアリングチューン作業!巻きごこちが変化した!?

ダイワ ジョイナス 3000の評価は?性能や価格帯別にラインナップが豊富

ルアーの選択

ルアーの種類や形状によって、ダイワ ジョイナス 2000の性能を最大限に引き出すことができます。例えば、ジグヘッドを使う場合は、ジグヘッドの重さや形状に合わせたロッドと組み合わせることで、高いキャスティング性能を発揮します。

ドラグの調整

ダイワ ジョイナス 2000には最大ドラグ力4kgのドラグシステムが搭載されています。釣る魚の大きさや強さによって、適切なドラグの調整が必要です。強く巻き取り過ぎると、ラインが切れてしまうこともありますので、適度に調整しましょう。

キャストの練習

ダイワ ジョイナス 2000は、クイックフィールII、ツイストバスターII、エアロラップIIなどの最新技術を採用しています。

いかにもキャスティングが得意なリールですが、実際に釣りを始めてみると思ったよりも難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。そこで、キャスティングの練習方法を紹介します。

まずは、キャスティング用のスペースを確保しましょう。リールのラインを引き出し、ロッドを真っ直ぐに立てます。次に、ロッドを後ろに振り、力を込めて前に投げます。初心者の方は、まずはロッドを後ろに振る動作から練習しましょう。

次に、キャストの軌道を意識してみましょう。ロッドを後ろに振ると同時に、リールのスプールを開放し、リールのラインが伸びるようにします。そして、ロッドを前に投げる際に、リールのスプールを閉じるようにします。キャストの軌道が直線的になるように練習してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました