ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4のインプレ 自転車やバイクでの釣行に最適

ダイワ

ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4のインプレ

写真
⇒【ルアー入門ロッド】ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4

ルアーフィッシングエントリーロッドのLURENISTの性能を落とすことなく、
携帯性のよい4ピース仕様にしたモバイルモデル。

ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4はルアーフィッシングエントリーロッド ルアーニストの性能を損なわず、
携帯しやすい4ピースデザインにしたルアーエントリーモデル。

【シーバス入門】釣りプロが総額10,000円タックルでシーバス釣りに挑戦する!〈購入編〉

ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4は自転車やバイクでの釣行、キャンプでの使用、スペアロッドとしてなど、
様々な用途で気軽なルアーフィッシングをサポートします。

また、取り外し可能なフィッシングリールも搭載しています。
ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4はコンパクトに収納できる4ピースのルアーエントリーロッドです。

ダイワ シーバスハンターX 96MLのインプレ シーバスを軸としたソルトルアーに

時間帯的なルアーの紹介は早春のルアーボックスは今年がやろうかなと思います。
フロロの14ポンドを巻いて雨の後で濁りが少しあるのでクランクベイトを多めに用意しています。
最近はリップアップのある場所にはあまり行かないのであまり出番はありません。
浮力が高くリップの長いクランクは早春の魚を釣っていく上で大事なキーワードは強く、短く、遅くです。
この条件を兼ね備えてるルアーを2月の下旬ぐらいから、ちょっと早春めいてきたこのタイミングでまだ冬を引きずっているバスを狙うのではなくていち早く動けるでかい早春の魚を狙っていく。
ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4のインプレは個人的には待ちに待った早春といわれる2月下旬から3月下旬にかけての季節に使う、1年で1番、でかい魚を騙しやすい季節です。
なぜか?これには理由があります。
まずこの季節感においてのでかい魚の特徴、それは何かというと2つのキーワードで決まります。
1つは代謝の悪さ、2つ目は動体視力の鈍さ、ここなんですよね。
ダイワ ルアーニスト モバイル 66L-4のインプレで冬の魚は代謝が落ちます。
餌は喰うんだけど、食っても消化し切るまでに時間がかかるだから冬の間はバイトが少ないんだよね。

タイトルとURLをコピーしました