本ブログはプロモーションが含まれています

コアマン VJ-16で狙う!ヒラメ釣りのためのカラー&テクニック

コアマン

⇒【驚きの釣果】コアマン VJ-16

シーバスデイゲームの王道を突き進むスペシャルルアー!

多くの経験によって導き出されたジグヘッドデザインと、

装着するコアマンワームとのマッチングで、

ボディ全体が絶妙に揺れるバイブレーションを発生します。

コアマンVJ16釣れない方はいますぐみて必ず釣れます#コアマン#VJ16#マニアフィッシング



コアマン VJ-16は、多彩な釣り方に対応できるマルチパーパスジグです。その中でも、ヒラメ釣りにおいては非常に優れた性能を発揮します。この記事では、コアマン VJ-16でのヒラメ釣りのためのおすすめカラーやテクニックを紹介します。

まずは、コアマン VJ-16でヒラメを狙うための基本的なテクニックから見ていきましょう。

■ヒラメ釣りの基本テクニック

ボトムを取る
ヒラメは基本的に底付近をうろついているため、ボトムを取るようにしましょう。コアマン VJ-16は、狙いたい深度に合わせて適切なウエイトのものを選ぶことができます。

ジャークを入れる
コアマン VJ-16を使って、ジャークを入れることで、ジグを自然な動きで動かすことができます。ヒラメは、この動きに反応することが多いため、積極的にジャークを入れるようにしましょう。

ゆっくりと巻く
ジャークを入れた後は、スローに巻いていくことが重要です。ゆっくりと巻くことで、ジグの動きを自然に見せることができます。

■コアマン VJ-16のおすすめカラー

次に、コアマン VJ-16でのヒラメ釣りにおすすめのカラーを紹介します。

キャンディー系
キャンディー系のカラーは、透明感があり、水中での存在感が抑えられます。ヒラメが警戒心を持っている場合でも、食いつきやすいカラーです。

シルバー系
シルバー系のカラーは、光沢があり、水中でも反射して輝くため、ヒラメのアピールポイントになります。

マッディ系
マッディ系のカラーは、濁りのある水中でも視認性が高く、食いつきやすいカラーとして知られています。

これらのカラーは、ヒラメがいる環境や天候に合わせて使い分けることで、より効果的にヒラメを狙うことができます。

スズキのエサ!コアマン VJ-16でシーバスデイゲーム!!〔泉 裕文〕

⇒【驚きの釣果】コアマン VJ-16

【釣り方のコツ】

コアマン VJ-16を使ったヒラメ釣りのコツは、まずは底をしっかりと取ることです。ヒラメは基本的に底付近に潜んでいるため、底付近を狙って釣りをすることが大切です。また、コアマン VJ-16の特徴である振動を利用し、ルアーをジャークさせながら引いていくと、より効果的にヒラメを誘うことができます。

また、テンションのある場所にルアーを投げることも大切です。例えば、水深の急激な変化や、流れの変化がある場所など、ヒラメが待ち構えていそうな場所に投げ込むことがポイントです。そして、ルアーを引く際には、一定のリズムを保ちつつ、バラつきのない引きを心がけることも重要です。

【カラーの選び方】

ヒラメ釣りでのコアマン VJ-16のカラー選びについては、状況に応じて変えることが大切です。一般的には、水深が浅い場所では明るい色のルアー、水深が深い場所では暗い色のルアーが効果的とされています。

例えば、水深が10m以下の場所であれば、ピンクやオレンジ、ライトグリーンなどの明るい色のルアーが効果的です。一方、水深が20m以上の場所であれば、ダークブルーやブラックなどの暗い色のルアーが良いでしょう。

ただし、ヒラメは状況によって好みが変わるため、カラーの選び方にはある程度の試行錯誤が必要となります。複数のカラーを用意し、その日の状況に合わせて使い分けることが、ヒラメ釣りでの成功のカギとなるでしょう。

【まとめ】

コアマン VJ-16は、ヒラメ釣りにおいても優れた釣果を発揮するルアーです。底を取り、振動を利用し、リズムを保ちつつ引くことで、ヒラメを誘うことができます。また、カラーの選び方も重要であり、状況に応じて使い分けることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました