釣果UPのカギ!魚子ラバでフック選びのポイント

ルーディーズ

⇒【大爆釣確定!】ルーディーズ 魚子ラバ

堤防のあらゆるターゲットが狙える業界初のマイクロタイラバ!

極柔マテリアルを採用したカーリーテールが広範囲に猛烈アピール。

動きを安定させる低重心ヘッドを採用することでピンポイントへのアプローチも自由自在!

なんでも釣れる系ルアーにエサをつけてみた結果…その釣れっぷりに驚愕した【魚子ラバ:エサ装着編】



⇒【大爆釣確定!】ルーディーズ 魚子ラバ

魚子ラバ釣りにおいて、フックは重要な役割を果たします。フックの選び方や使い方によって、釣果が大きく変わってくるため、釣り師はフックについてしっかりと知っておくことが必要です。本記事では、魚子ラバ釣りでフックを選ぶ際のポイントや、使い方について解説します。

フックの種類と特徴

まずは、フックの種類と特徴を理解しましょう。フックは、形状や大きさによって大きく分けて次の3種類に分類されます。

テンヤフック
テンヤフックは、テンヤや餌木などを使って、底からの引き釣りに向いたフックです。通常、テンヤフックは、短いシャンク(針金)に目の大きいリングがついた形状をしています。

ウキフック
ウキフックは、ウキを使った浮き釣りに向いたフックです。テンヤフックと比べて、シャンクが長く、目も小さいのが特徴です。

ジグヘッドフック
ジグヘッドフックは、ジグヘッド(先端に重りがついたルアー)に使われるフックで、ボディに取り付けられたフックです。テンヤフックやウキフックに比べて、針先がやや短く、フックの背に目がないのが特徴です。

魚種に合ったフックの選び方

次に、魚種に合ったフックの選び方について説明します。魚の口の大きさや形状に合わせて、適切なフックを選ぶことが、釣果UPのために重要です。

アジ
アジを狙う場合は、テンヤフックが適しています。口が小さく、硬い鱗を持っているため、小さなテンヤフックが使いやすく、効果的です。

イサキ
イサキは、テンヤフックが適しています。口が小さく、硬い鱗を持っているため、小さなテンヤフックが使いやすく、効果的です。

メバル
メバルは、ウキフックが適しています。メバルは、餌を吐き出しやすいため、ウキフックで餌の持ち上がりを緩やかにし、食い込みをよくすることができます。また、ウキフックには、ヒットした時のフックセットがしやすいというメリットもあります。

カレイ
カレイを狙う場合は、ジグヘッドフックが適しています。カレイは、口が大きく、深く入り込むため、ジグヘッドフックが使いやすく、効果的です。

クロダイ
クロダイを狙う場合は、テンヤフックが適しています。口が小さく、硬い鱗を持っているため、小さなテンヤフックが使いやすく、効果的です。また、クロダイは、フックセットが決まりにくい魚種のため、テンヤフックで食い込みをよくすることが重要です。

フックサイズの選び方

フックのサイズは、魚の口の大きさや形状に合わせて選ぶ必要があります。フックのサイズは、番手(#)で表されます。番手の数字が大きくなるほど、フックのサイズは小さくなります。

フックサイズの選び方は、狙う魚の種類と餌の大きさによって変わります。一般的に、釣り人は、狙う魚の口の大きさに合わせて、番手の数字を選びます。また、餌の大きさに合わせてフックサイズを変えることもできます。

フックの使い方

フックを使う際には、針先が外れないように注意しましょう。また、フックを刺す場所も重要です。フックを刺す場所は、魚の口の硬い部分を避け、柔らかい部分に刺すようにしましょう。フックが口の硬い部分に刺さると、魚が逃げ出してしまう可能性が高くなります。

また、フックを使う際には、釣竿のティップを感じ取りながら、魚を掛けるタイミングを見極めることが大切です。魚が餌を食べたら、ゆっくりと竿を立て、フックをセットしましょう。

まとめ

以上、魚子ラバ釣りにおいて、フックの選び方や使い方について解説しました。釣り人は、フックの選び方や使い方をマスターすることで、釣果をUPさせることができます。特に、フックサイズや形状を適切に選ぶことが、魚の食い込みやフックセットに大きな影響を与えます。

また、フックの刺し方やフックセットのタイミングも重要なポイントです。魚の口の硬い部分を避け、柔らかい部分にフックを刺すことで、釣果を伸ばすことができます。また、フックセットのタイミングは、魚が餌を食べた瞬間に竿を立てることで、効果的なフックセットを行うことができます。

最後に、フックは釣りにおいて非常に重要なアイテムであるため、十分に注意して使いましょう。フックが曲がったり、錆びたりすると、魚を掛けることができず、釣果が出なくなってしまいます。定期的にメンテナンスを行い、常に綺麗な状態で使うようにしましょう。

以上、魚子ラバ釣りにおいて、フックの選び方や使い方について詳しく解説しました。釣り人は、これらのポイントを押さえて、より効果的な釣りを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました