鱒レンジャー Next SP50のインプレ バットがしっかりティップは柔らかい

TURINGMONKEY

⇒鱒レンジャー Next SP50

●鱒レンジャーのカラーがリニューアル!

●NEWモデルはブランクにラメをちりばめてキラキラ仕様!

鱒レンジャーでマグロ!限界に挑戦!コスパ・強度ともに最強の名高い竿はすごい!釣りあげれるか?

鱒レンジャーの暴れっぷりがヤバイ!

⇒鱒レンジャー Next SP50

昨今はヘビーウェイトが主流となっているので流れに負けないようなハリをシーバスでも活躍する鱒レンジャー Next SP50のインプレは持っていることがとても重要になっているロッドは重宝します。中間部分からティップまで非常に曲がるのでスムーズなフッキングとバラシの軽減に繋がります。重さもとても軽くてグラスのトップでもいいのですがティップの部分を若干軽くしたいというのがあったりキャストフィーリングでだるさが起こるというのがあったので対策されています。投げてみればわかりますがまず持ってみた時に軽くて、投げた時に「これグラスなの?」という感じがします。小さな魚でも曲がりやすいので非常に楽しむ釣りができるようになっていますし、フッキングしやすいというメリットのあるロッドとなっています。ロッド素材の多くはカーボンという素材が使われています。中にはグラス、グラスとカーボンで作られているものがあります。使い勝手が制限されてしまうので最初に選ぶロッドはカーボンを選ぶのがいいでしょう。シーバスでは低弾性は鱒レンジャー Next SP50のインプレは反発が控えめでしっかり曲がり、高弾性は反発が強くて曲がりづらい、ざっくりいうとそんな風に分けられています。ルアーを投げるときはロッド反発を生かして投げるのでルアーの重さに合わせたロッドの硬さを選ぶのが大切なポイントとなります。スピニングロッドを選ぶときはL、ベイトロッドではMHが万能に使えて長く使えて愛用していけます。テーパーはロッドの曲がりになり、価格が先だけが曲がるものや竿の真ん中下くらいから竿全体的に曲がるものまであります。このテーパーは上級者になってくるとバイブレーションを使うからレギュラーテーパーだとか、重さを考慮するとこのワームを使うからファーストテーパーを使うんだとこだわっていけるのですが、最初のうちはそこまで気にする必要はありません。価格が3000円程度とちょっと釣りで使うのに不安になるような価格ではありますが、性能は全く問題なく万能に鱒レンジャー Next SP50のインプレは使えるロッドの硬さに設計されてあります。ロッドが短いと正確に狙った場所にルアーを投げることができロッドによる操作もしやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました