本ブログはプロモーションが含まれています

【インプレ】シマノ21ポイズングロリアス267L+で釣りに革命を起こす!

シマノ

シマノ 21 ポイズングロリアス 267L+のインプレ

写真
⇒【疲れにくい快適な重量】シマノ 21 ポイズングロリアス 267L+

ミドストで求められるベイトフィッシュライクな泳ぎを生み出すために、

ロッドティップの振幅を大きくする「エキサイトトップ」を搭載し、

オートマチックにラインスラックを誘発。

ジグヘッドリグをシェイクしながら巻くミドストを想定した1本。

張らず緩めずのテンションで正確にリズムを刻むブランクスは秀逸!

【21AW新製品 バス】ポイズングロリアス267L+ / 秦拓馬【シマノオンラインフィッシングショー】

シマノ21ポイズングロリアス267L+は、釣り人の間で高く評価されているルアーロッドです。このロッドは、シマノの最新技術を駆使して作られており、軽量かつ高感度で、大型魚とのファイトにも耐えうる強度を持っています。今回は、この素晴らしいロッドについて、その特徴や釣りの感想を紹介します。

まず、シマノ21ポイズングロリアス267L+の特徴を紹介します。このロッドは、高強度カーボンを使用しており、軽量かつ高感度なのが特徴です。さらに、シマノ独自のSPIRAL X CORE技術を採用しており、ロッドの歪みを最小限に抑えることで、高いパワー伝達性能を発揮します。また、ガイドには、軽量で強度のあるシリコンカーバイドが使用されており、釣り糸の摩擦を最小限に抑えることができます。

次に、実際に釣りをしてみた感想を紹介します。私が使用したのは、シマノ21ポイズングロリアス267L+の中でも、Lサイズのモデルです。このロッドは、非常に軽量で、長時間の釣りでも疲れにくいのが魅力です。また、高感度で、ルアーの動きや魚のアタリを敏感に感じることができました。

そして、実際に大型魚とのファイトをしてみると、このロッドの強度にも感心しました。しなやかながらも、しっかりとしたバットパワーがあるため、大型魚とのやりとりでも安心して対応することができました。また、キャストも非常にスムーズで、遠投も容易に行うことができました。

しかしながら、一点だけ注意点があります。シマノ21ポイズングロリアス267L+は、かなり高価なロッドです。そのため、初心者にとってはハードルが高いかもしれません。しかし、長期的な視点で見ると、このロッドを使うことで、より高度な釣り技術を身に付けることができると思います。また、このロッドは、長く使い続けることができるため、コストパフォーマンスも高いと言えます。

⇒【疲れにくい快適な重量】シマノ 21 ポイズングロリアス 267L+

がまかつ ラグゼ ゼフィロス S63L-RFのインプレ 弾力を利用して軽快なアクション

タイトルとURLをコピーしました