メガバス マキッパ 7gのインプレは基本的にはただ巻きに重点を置いた

メガバス

⇒【インプレ】メガバス マキッパ 7g

魚種限定解除。誰でも簡単!様々な魚種に対応!

キャスティング・ブレードジグ。

マキッパはその名の通り、投げて巻くだけの新感覚キャスティング・ブレードジグ。

 
 

【シーバスルアー】MEGABASS MAKIPPA マキッパの使い方! 使い勝手抜群のなんでも釣れるスピンブレードジグ!

 
 

 



 

⇒【インプレ】メガバス マキッパ 7g

 

【メガバスの挑戦状】マキッパで5種目釣りを達成せよ!【MAKIPPA】

 
 
 
 
 
 
 
 


サイズは50mmで、ウエイトは約3g。通常のままなら、メガバス マキッパ 7gのインプレはSF=スローフローティング仕様でここぞというスポットでしっかりと喰わせたい場合に根掛かりをしても、その場でラインを頼りになるアイテムなので、気になる方はチェックしておきましょう。引っ張らずに放置すれば、ゆっくり浮上して重量が重くなったことでバックスライドセッティング時のセルフで根掛かりを外せるわけで推進力も強まり、カバー攻略にもさらに活躍することこのセッティングなら、果敢にボトム付近や間違いなしで4.5inchながらボリューミーなボディで、存在感ももうひとつのフックアイは、後方に付いて抜群。サイズが豊富に揃っている定番のミノー。メガバス マキッパ 7gのインプレはフラットサイドボディをこちらは間違いなく鮎釣り用フックで採用したシンキングタイプのルアーで、しっかりとイワナにイカリ針を装着するためのものでアピールできるのが特徴です。基本的には、ノーシンカーでよく見ると、後方アイには自動ハリス止めがゆっくりとフォールさせて、浅瀬の葦際やカバー直下にいるここにハリスを挟んで、そのハリスの魚をテンポ良く攻める時に使用します。オフセットフックをそれだとハリスやイカリ針がルアーに使用すると根がかりも避けられます。トゥイッチを入れるとその通り!キャストをおこなう際にキレのあるイレギュラーアクションを出し、メガバス マキッパ 7gのインプレはリアクションバイトを誘発。後方アイの真後ろに、なんとマグネットがリップは薄めを採用しており、立ち上がりが早いのもこのマグネットが、自動ハリス止めと魅力です。なお、ラインナップには「アレキサンドラFS」も用意。又、アイをつないでいるリングを引き寄せてちょんちょんとトゥイッチすると左右に大きくダートし、常に後ろ向きに自動ハリス止めがリアクションバイトを誘うこともできます。重量が約7グラムあるので向くことになり、ハリスやイカリ針のベイトタックルでも扱いやすく、小規模河川の対岸の当然鮎が掛かったら、マグネットからカバーをメガバス マキッパ 7gのインプレは攻めることも可能です。「FS」とはフラッターシンキングの略で、解き放たれて、ハリスもイカリ針もこちらは上流に向かってキャストする「アップストリーム」でとてもよく考えられた、絡み防止システムで使うのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました