【シーバス狙い必見】イマカツ レイジースイマーで釣るテクニックとコツ!

イマカツ

⇒【爆釣確定!】イマカツ レイジースイマー

デモンテールを左右に規則正しく振り子のように動かし、

重量感のある水押しアクションを発生させる

デッドスロー特化型ナチュラルスイムベイトです。

インプレ:イマカツ レイジースイマー

⇒【爆釣確定!】イマカツ レイジースイマー

レイジースイマーはスローリトリーブでもデモンテールが左右に振り子のように動き、超ナチュラルなスイムアクションを見せるスイムベイトです。
シーバスはこのアクションに強く反応し、バイトチャンスを増やすことができます。

レイジースイマーのテクニックとコツは以下の通りです。

湾奥の浅場や河口域では、水面近くで泳がせるフローティングタイプを選びます。
水深が深い場所では、シンキングタイプやウェイトを付けて底付近で泳がせます。
リトリーブ速度は基本的にはゆっくりとします。ただし、時々ストップやツィッチなどのアクションを加えて、魚の興味を引きます。
シーバスはレイジースイマーに対して追ってからバイトすることが多いので、ルアーが見えなくなるまでリトリーブし続けます。
また、バイトしたらすぐに合わせを入れずに少し待ってからフッキングします。
レイジースイマーはカラーやサイズも豊富なので、水色や気温、魚の活性などに合わせて選択します。
例えば、濁り水では明るいカラーや大きめサイズが有効です2。

イマカツ アベンタクローラーバゼルのインプレ ルアーの細かい部分の特性がだいぶ変わる

レイジースイマーは24時間いつでもシーバスを釣ることができますが、時間帯によっては注意点や工夫が必要です。

朝方や夕方は、水面近くで活性の高いシーバスを狙います。フローティングタイプやウェイトなしのレイジースイマーを使って、水面から中層まで泳がせます。明るいカラーや3DRカラーが有効です。

日中は、水深のある場所や日陰のある場所に潜むシーバスを狙います。シンキングタイプやウェイトを付けたレイジースイマーを使って、底付近まで沈めてからゆっくりリトリーブします。暗いカラーやナチュラルカラーが有効です。

夜間は、光源のある場所や流れのある場所に集まるシーバスを狙います。フローティングタイプやウェイトなしのレイジースイマーを使って、水面から中層まで泳がせます。暗いカラーや発光カラーが有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました