本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルのインプレ 軽量で高剛性の新素材ZAION Vを採用

ダイワ

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルは、ライトゲームに最適なスピニングリールです。

このリールは、軽量で高剛性の新素材ZAION Vを採用したモノコックボディ、大口径のタフデジギア、

滑らかで安定したドラグ性能を備えたATD、水や埃の侵入を防ぐマグシールドなど、ダイワの最先端のテクノロジーが詰まっています。

この記事では、このリールのインプレ、エギング、アジング、スペックについて紹介します。

⇒【🔴ダイワの最先端のテクノロジー】ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデル

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルのインプレ

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルを実際に使ってみた感想は、とにかく軽くて滑らかです。

自重は180gという驚異的な軽さで、長時間の釣りでも疲れにくいです。

また、回転性能も抜群で、ラインの絡みやノイズもありません。

ギア比は5.1という低速設定で、ライトリグを扱うのに最適です。

ドラグも微調整が効きやすく、魚の引きにしっかりと対応できます。

デザインもシンプルでスタイリッシュで、高級感があります。

エギング超コスパ機の21カルディアを2年間使い続けた結果がヤバすぎました。

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルでエギング

エギングにもダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルはおすすめです。

エギの重さに合わせてラインキャパを調整できるので、様々なシチュエーションに対応できます。

ラインキャパはナイロン4lb-150m、PE0.6号-200mです。

エギのアクションもスムーズに出せて、イカの反応も良いです。

イカが掛かった時もドラグが安定していて、バラシやラインブレイクの心配もありません。

エギングには、このリールに合わせて、ダイワのエメラルダスロッドやエメラルダスエギを使うと良いでしょう。

⇒【🔴ダイワの最先端のテクノロジー】ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデル

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルでアジング

アジングにもこのリールは最適です。

アジングには、軽くて感度の良いリールが必要ですが、このリールはその条件を満たしています。

アジングには、ナイロン2.5lb-100m、PE0.3号-200mのラインキャパがあるFC LT1000Sモデルもあります。

アジの探りやアタリもしっかりと感じられて、楽しく釣りができます。

アジングには、このリールに合わせて、ダイワのアジングロッドやアジングルアーを使うと良いでしょう。

ダイワ カルディア FC LT2500S 21年モデルのスペック

このリールのスペックは以下の通りです。

項目 値
自重 180g
ギア比 5.1
最大ドラグ力 5.0kg
巻取り長さ 72cm/ハンドル1回転
ラインキャパ ナイロン4lb-150m、PE0.6号-200m
ベアリング数 6個
ハンドル長 50mm
ハンドルノブ Sサイズ

タイトルとURLをコピーしました