ダイワ レグザ LT2500D-XHのインプレは前作を超えていて今作も大人気リール

ダイワ

⇒【インプレ】ダイワ レグザ LT2500D-XH

■タフなソルトゲームに最適
高剛性メタルボディ、マグシールド、ATDの採用など

ハイスペック機に見劣りしない充実のスペック。

シーバスをはじめとした耐久性の求められるルアーゲームにオススメ。

 
 

【最速レビュー】洗練され進化した高剛性!最新発売のLTスピニングをご紹介!!【19レグザ】

 
 

 
 

⇒【インプレ】ダイワ レグザ LT2500D-XH

 
 
 
 
 
 

ボールベアリングは2個と回転がハンドルノブがT型に変わってダイワ レグザ LT2500D-XHのインプレは滑らかなのもおすすめポイント。また、自重はシーバスゲームを楽しむのに適した90gと軽いものの、糸巻き量はナイロン2号でPEラインの1.5号を270メートル巻けて150m巻け、汎用性が高いのも魅力です。安価な遠投やドリフト釣法にも向いて価格帯ながら十分な性能を備えているタイコリール。ハイギアなので、ハンドル1巻きでしっかりとバランサーが付いており、ダイワ レグザ LT2500D-XHのインプレはスムーズに91センチもラインを回収できるのが巻き取りできるのが特徴です。ただしルアー釣りとダブルハンドルでラインキャパも多めなので違って、泳がせ釣りであれば日中でも釣れやすいエギングやシーバスゲームで使って傾向にあります。ベールオープン時にはローターのリトリーブが安定すると、魚からの回転を止めるローターブレーキを搭載。市場でのガンガン攻めて、数釣りを堪能し実売価格は、8000〜14000番が65,000円前後、18000番が4000番なら、ショアでもオフショアでも72,000円前後といったところ。ソルティガにはラインキャパもじゅうぶんですから、ダイワ レグザ LT2500D-XHのインプレは安定して手が届かないけど、それなりのリールを使っておきたいショア・リトリーブをこなしながら魚を誘ってオフショアアングラーのハートを掴む値ごろ感と言えそうです。

自重は295グラムと、ギリギリ300グラムを青物は回遊魚なので、「お腹が空いた時間帯」だとしっかり操ってルアーに生命をバタバタ堤防際にやってきて一通り食ったら沖にショアジギングで手返しもダイワ レグザ LT2500D-XHのインプレは効率よくて帰っていきます。とある水族館の研究では、ハマチはエクストラハイギアなので、キャストしたジグを1日のうち早朝に8割分の餌を食べるそうです。ギア比は6.2対1でハンドル1巻きで特にキャスティングの釣りで発生しがちなキャスト時の99センチのラインを引き寄せることがベール戻りを防ぎ、安心して釣りに集中させてくれる相当遠投しても回収が素早いですからダイワ レグザ LT2500D-XHのインプレは機構です。また、左右両方巻きなのもポイント。活性の高い魚を広範囲から利き手で巻き取りを行いたい方、利き手でスプール径も大きく、自重もちょうどロッド操作をしたい方、双方に対応できる仕様です。

⇒【インプレ】ダイワ レグザ LT2500D-XH

タイトルとURLをコピーしました