ダイワ ブラスト J62MS・Vのインプレ ハマチやメジロを狙う!近海ジギング

ダイワ

こんにちは、このブログではダイワ ブラスト J62MS・Vというジギングロッドについて紹介したいと思います。

このロッドは近海でのジギングに最適なモデルで、ファストテーパー寄りのティップと強力なリフト力を兼ね備えたバットが特徴です。

私はこのロッドを使ってハマチやメジロなどの青物を狙ってみましたので、そのインプレ、性能、使い方、スペックなどをお伝えします。

⇒【強力なリフト力を兼ね備えたバット!】ダイワ ブラスト J62MS・V

ダイワ ブラスト J62MS・Vのインプレ

まず、インプレですが、ダイワ ブラスト J62MS・Vはとにかく軽くて操作性が高いです。

自重は195gという軽量設計で、長時間のジギングでも疲れにくいです。

また、ティップはジグの跳ね上げを吸収して自然なアクションを演出し、ジャークにもしっかりと追従してくれます。

バットは高密度カーボンHVFにブレーディングXで補強されており、強度と粘りがあります。

魚の引きに対しても余裕で対応できますし、リフト力も十分です。

私は180gのジグで水深100m前後を狙ってみましたが、問題なく操作できました。

【#スーパーライトジギング 】ダイワ2019新製品 SLJ専用ロッド ブラストSLJ APを徹底解説!

ダイワ ブラスト J62MS・Vの性能

次に、性能ですが、ダイワ ブラスト J62MS・Vは近海で最もオールマイティに使用できる定番モデルと言えます。

対応ルアー重量は70~180g、対応ラインはPE3~5号という幅広いレンジで、小型ジグからセンターバランスのセミロングジグまで対応できます。

対象魚もハマチやメジロなどの中型青物から、不意に来るブリクラスまでカバーできます。

私はこのロッドでハマチやメジロを何本も釣り上げることができましたし、ブリも1本釣ることができました。

ブリは約10kgの個体でしたが、ロッドはしっかりと耐えてくれました。

⇒【強力なリフト力を兼ね備えたバット!】ダイワ ブラスト J62MS・V

ダイワ ブラスト J62MS・Vの使い方

次に、使い方ですが、ダイワ ブラスト J62MS・Vはジギングの基本であるワンピッチジャークやハーフピッチジャークはもちろん、

スロージャークやロングフォールなどのテクニカルなアクションも可能です。

私はこのロッドで色々なアクションを試してみましたが、どれも自在にコントロールできました。

特にスロージャークでは、ティップがジグの動きを敏感に伝えてくれて、食いのタイミングが分かりやすかったです。

また、ロングフォールでは、バットがしっかりとジグの重さを支えてくれて、フォール中のアタリも逃しませんでした。

ダイワ ブラスト J62MS・Vのスペック

最後に、スペックですが、ダイワ ブラスト J62MS・Vは全長1.88m、継数2本、仕舞い長138cm、先径2.8mm、元径12.9mm、カーボン含有率88%となっています。

グリップはEVA素材で、リールシートはダイワ独自のDPSタイプです。

ガイドはフジ製のステンレスフレーム・SiCリングのKガイドを採用しています。

価格はメーカー希望小売価格で26,500円(税別)ですが、価格.comで調べたところ、最安値は15,593円(税込)でした。

以上、ダイワ ブラスト J62MS・Vについて紹介しました。

このロッドは近海ジギングにおいて高いパフォーマンスを発揮するロッドで、軽量で操作性が高く、強度と粘りがあります。

小型ジグからセミロングジグまで対応でき、ハマチやメジロなどの中型青物からブリクラスまでカバーできます。

ジギングの基本からテクニカルなアクションまで自在にこなせるロッドです。

近海ジギングに興味のある方は、ぜひ一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました