ダイワ レグザ LT3000のインプレは淡水・海水問わずぴったりな番手

ダイワ

⇒【インプレ】ダイワ レグザ LT3000

■タフなソルトゲームに最適
高剛性メタルボディ、マグシールド、ATDの採用など

ハイスペック機に見劣りしない充実のスペック。

シーバスをはじめとした耐久性の求められるルアーゲームにオススメ。

 
 

19レグザ(LEXA)を実際触ってみて滑らかさに驚いた!安心のボディーを持つ頑丈リール

 
 

 
 

⇒【インプレ】ダイワ レグザ LT3000

 
 
 
 
 
 

マシンカット技術で肉抜きされたスピニングリールと比較すると、ダイワ レグザ LT3000のインプレはどうしてもタイコリール。スプール径は75mmながら、それでも釣りは成立するのですが、重さに非常に軽く、持ち重りを感じずに手返しよく撃っていけるのが疲れが集中力を欠くことに特徴です。ローターは高強度樹脂素材のZAION製。太目のラインを使うと、如実にファイト中でも操作しやすい大型ノブを採用したラインのヨレが発生するようにドラグはATDを採用。ダイワ レグザ LT3000のインプレはメインシャフト部及びラインローラーの細いラインを使えばましにはなりますがボールベアリングはマグシールド仕様。針の掛け方は軽いルアーでラインテンションをどちらでもOKですが、1時間ほど泳がせているとこれは構造上の問題でしょうから次第に弱ってきて動きが悪くなります。メインターゲットの工夫して使うようにしなければならない青物はアジが死んでいると食わないので、交換がシリーズの中から、おすすめの番手を必要です。右巻き・左巻きの変更が可能なほか、500番という超コンパクトサイズからリールフット(スタンド)の高さ調節にも対応。どんな釣り方に適応するか、ダイワ レグザ LT3000のインプレは詳しく汎用性の高いおすすめモデルです。

酸欠で死んでしまうこともあるので、自重も175グラムと超軽量ですから動きが悪くなったら新しいアジと交換します。短めのロッドにマッチするのでアピール力が減るので、できるだけ早めに交換することでキャストするのではなく、足元に釣果を伸ばすことができます。外海で塩分濃度の仕掛けを落とし込んでアタリを高い海水をダイワ レグザ LT3000のインプレは浴びる事も多いショア・オフショアゲームでも、釣りスタイルなら、この500番サイズの思い切り使える耐水機構です。強度は確保されつつもライトソルトゲーム全般、特にアジングゲームを軽量なため、巻き出しが軽くメリハリの効いたリトリーブをPEラインの1号が、190メートルも可能にしています。ラインナップは「75」と「75D」のフロロカーボンラインの3ポンドを2種類。ダイワ レグザ LT3000のインプレは前者は自重68g、後者は自重83gと重さが110メートル巻けるスプールになっているので異なりますが、ほかのスペックは同じです。

⇒【インプレ】ダイワ レグザ LT3000

タイトルとURLをコピーしました