本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ TGベイトで狙う!赤金カラーの効果的な使い方

ダイワ

⇒【赤金!】ダイワ TGベイト

「より小さいシルエットで重いジグを」というニーズに応えた高比重素材ジグ。

ターゲットが極小のベイトを選んで捕食しているシチュエーションで爆発的な威力を発揮する。

SLJに最適!TGベイト・FKジグ用アシストフックを自作

⇒【赤金!】ダイワ TGベイト

ダイワ TGベイトは、エリアトラウトやミドルサイズのフィッシュイーターに人気の高いルアーです。その中でも、特に注目を集めているのが「赤金」と呼ばれるカラーです。この記事では、ダイワ TGベイトの赤金について詳しく解説します。

【ダイワ TGベイトとは】

ダイワ TGベイトは、TGワイヤーと呼ばれる素材を採用したヘビーウェイトのシンキングペンシルベイトです。60gの重量感と、3つのウェイトポジションを持つボディ形状により、高い飛距離性能とコントロール性能を発揮します。

【ダイワ TGベイトの赤金カラー】

ダイワ TGベイトの赤金は、ボディの上半分が赤、下半分がゴールドのツートンカラーです。このカラーは、水面下でのシルエットが強調され、ボディの動きによって赤とゴールドが反射し、魚に強いアピールを与えます。また、水深や水色によっても見え方が変わり、色の変化によるトリガー効果も期待できます。

【ダイワ TGベイトの赤金の使い方】

ダイワ TGベイトの赤金は、明るい日差しの下での釣りに適しています。また、沖に投げることで、波打ち際から遠くの場所にアプローチすることもできます。ダイワ TGベイトの特徴であるウェイトポジションを使って、水深に合わせたアクションを加えることで、様々な釣り方が楽しめます。

【ダイワ TGベイトの赤金の釣果】

ダイワ TGベイトの赤金は、シーバス、マゴチ、シイラなど、多種多様なフィッシュイーターからの釣果が報告されています。赤金のカラーが持つ高いアピール力と、ダイワ TGベイトの高いコントロール性能が、釣果に繋がるのではないでしょうか。

ダイワ TGベイトの赤金は、ボディの大半が赤色で覆われ、その中央に金色の帯が入ったデザインです。この配色は、ボディの中央部分を浮かび上がらせ、反射光を放つことで魚にアピールする効果が期待できます。また、赤色の部分が比較的大きいため、水中でも鮮やかな色合いが目立ち、遠くからでもアピール力があるとされています。

さらに、TGベイトの赤金は、ダイワ独自の塗装技術「ダイワカラーブレンディングテクノロジー」が採用されているため、光の反射角度や波の動きによって色合いが変わるため、魚にとって自然な餌と感じられるとされています。この技術は、鮮やかな色合いだけでなく、自然な動きをもたらすためにも重要な役割を果たします。

ダイワ TGベイトの赤金は、主にシーバス釣りに使用されます。シーバスは、エサを食べる際に視覚情報に頼る魚種であり、鮮やかなカラーのルアーには非常に敏感です。赤金は、濁りがちな海水でも視認性が高く、また波の中でもよく目立つため、シーバスにとって非常に魅力的なルアーとなるでしょう。

赤金のTGベイトは、特に朝や夕方の光が弱い時間帯に効果を発揮します。赤色は、日が落ちるにつれて黒に近くなるため、この時間帯には非常に目立ちます。また、夜間には、金色の帯の反射光がシーバスの注意を引くため、ナイトゲームにも適しています。

なお、TGベイトの赤金は、シーバスだけでなく、イナダやアジなどの青物系にもアピールすることができます。また、淡水域でも活躍することができます。例えば、ハクレンやマスなどのトラウトに対して、流れの中でアピールすることができます。

ダイワ TGベイトでアクションはひたすら潮

タイトルとURLをコピーしました