本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルのインプレ その性能と使い方を徹底解説

ダイワ

ダイワのスピニングリールの中でも人気の高いカルディアシリーズ。

その最新モデルである21カルディアLT2500Sは、どのような性能を持ち、どのような釣りに向いているのでしょうか?

今回は、このリールのインプレ、特徴、使い方、スペックなどを詳しくご紹介します。

21カルディアLT2500Sは、モノコックボディ、ザイオンV素材、タフデジギアなどの最先端のテクノロジーを搭載し、軽さと強さを両立したリールです。

ライトゲームからミディアムゲームまで幅広く対応できる万能なリールで、滑らかな巻き心地と高い剛性感を体感できます。

価格も2万円以下とリーズナブルで、コスパの高いリールと言えるでしょう。

このリールの魅力をぜひチェックしてみてください。

⇒【🔴軽さと強さを両立したリール】ダイワ カルディア LT2500S 21年モデル

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルのインプレ

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルを実際に使用してみた感想をお伝えします。

まず、このリールの巻き心地は非常に滑らかで、軽いルアーを使用した繊細な釣りにおいて大きなメリットを感じました。

大口径のタフデジギアとZAION Vエアローターの相乗効果で、ノイズレスな回転を実現しています。

また、ドラグ性能も優れており、魚の引きに追随してドラグ力をコントロールし、魚に主導権を与えません。

ATD(オートマチックドラグシステム)の採用で、フッキング時には強く効きながらも、魚の引きに対しては常にドラグを効かせることができます。

大型魚とのやり取りにも安心して対応できます。

エギング超コスパ機の21カルディアを2年間使い続けた結果がヤバすぎました。

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルの特徴

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルの特徴をいくつか紹介します。

まず、このリールの最大の特徴は、モノコックボディの採用です。

モノコックボディとは、ボディ自体がフレームとしての剛性を持ち、ねじれやたわみに強く、省スペースを実現させる構造です。

この構造により、小さなボディに大口径のドライブギアを収納できるようになり、強度、パワー、回転耐久性を大幅に向上させました。

また、ボディとローターの素材には、軽量、高耐久の新素材ZAION V(カーボン含有樹脂)を採用し、軽量性とパワーを両立しました。

このリールの自重は170gと非常に軽く、長時間の釣りでも疲れにくいです。

さらに、マグシールドの搭載で、リール内部への海水や埃の侵入を防ぎ、高い防水性能を実現しました。

ストッパーレスボディの採用で、水や異物の浸入経路を最小限に抑え、トラブルレスな釣りをサポートします。

⇒【🔴軽さと強さを両立したリール】ダイワ カルディア LT2500S 21年モデル

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルの使い方

21カルディアLT2500Sの使い方をご紹介します。

このリールは、ライトゲームからミディアムゲームまで幅広く対応できる万能なリールです。

淡水、海水問わず、アジング、メバリング、エリアトラウト、ネイティブトラウト、ライトソルト全般などの釣りにおすすめです。

ラインキャパはナイロン3lb-150m、PE0.4号-200mとなっており、様々なラインを使うことができます。

また、ハンドル長さは45mmとなっており、巻き取りの速さと操作性をバランスよく備えています。

ハンドルノブはSサイズの交換可能なHG-Iライトタイプとなっており、滑りにくく、しっかりと握ることができます。

このリールは、軽いルアーを使用した繊細な釣りにも、大型魚とのやり取りにも対応できるリールです。

自分の好みの釣りに合わせて、このリールを活用してみてください。

ダイワ カルディア LT2500S 21年モデルのスペック

21カルディアLT2500Sのスペックを表にまとめました。参考にしてください。

| 項目 | 値 |

| ギア比 | 5.1 |
| 最大ドラグ力 (kg) | 5.0 |
| 巻取り長さ (cm/ハンドル1回転) | 64 |
| 自重 (g) | 170 |
| 標準巻糸量:ナイロン (lb-m) | 2-120、2.5-100、3-70 |
| 標準巻糸量:PE (号-m) | 0.2-210、0.3-200、0.4-130 |
| ハンドル長さ (mm) | 45 |
| ノブ (S互換) | HG-Iライト |
| ベアリング数 (ボール/ローラー) | 6/1 |

タイトルとURLをコピーしました