本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルのインプレ コンパクトでタフなベイトリールの特徴を紹介します。

ダイワ

バスフィッシングのリール選びに迷っていませんか?

コンパクトでタフなベイトリールが欲しいけど、高性能で高価なリールは予算が厳しいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、ダイワの新作リール「タトゥーラ TW 80 22年モデル」です。

このリールは、タトゥーラシリーズの中でも最も軽くて小さなボディに、高い耐久性とキャスタビリティを備えたリールです。

5gから20g程度のルアーに幅広く対応し、特にオカッパリで多用する10gから15g程度のハードベイトや撃ち物系リグの遠投性能が秀逸です。

また、カバー攻めやヘビーデューティーな釣りにも強く、パワフルな巻き上げとフッキングが可能です。

この記事では、タトゥーラ TW 80 22年モデルの特徴や魅力、インプレや使い方などを詳しく紹介していきます。

バスフィッシングの新定番リールになること間違いなしの、タトゥーラ TW 80 22年モデルについて、ぜひチェックしてみてください。

⇒【🔴高い耐久性とキャスタビリティ】ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデル

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルのインプレ

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルは、タトゥーラシリーズの中でも最も軽くて小さなボディに、高い耐久性とキャスタビリティを備えたリールです。

自重は180gと、タトゥーラシリーズの中で最も軽量です。

また、ボディサイズも#80と、タトゥーラシリーズの中で最もコンパクトです。

このリールは、アルミを採用したタフなハウジング仕様で、高負荷での巻きや、フルキャスト時の高速なスプール回転でも安定感があります。

また、手に収まりやすく、キャスト時の取り回しや、ロッドワークによるルアーアクションやワーミングでも優れた操作性を発揮します。

コンパクトに持てることで長時間の釣りでも負担が軽減され、しっかり握り込めるサイズ感はフッキング時に力を込めやすい点もメリットです。

タトゥーラ TW 80 22年モデルは、スプールの回転数に応じてブレーキが変化する「マグフォースZ」を採用しています。

マグフォースZは、キャスト前半にしっかりとブレーキをかけ、キャスト後半はブレーキが弱まることで、伸びのあるキャストフィールを実現します。

強風下でのキャスティングや、ルアーの種類に応じたブレーキ設定など、状況に応じて外部ブレーキだけで調整しやすい点も魅力です。

ダイワのブレーキシステムとしては比較的シンプルで丈夫な構造で、長年の実績があります。

タトゥーラ TW 80 22年モデルは、32mm径(幅21mm)の高強度アルミスプールを搭載しています。

ラインを巻いているスプールが丈夫なので、太軸フックを使ったカバーゲームでの強引なフッキングでも安心感があります。

アルミスプールは十分軽量ですが、ダイワ製品に多く採用されている「SVスプール」と比べると重量があり、得意・不得意が異なります。

メリットは、重量があるスプールはキャスト時の回転数が落ちにくく、マグフォースZブレーキとの相乗効果で遠投性能を期待できる点です。

逆に回転数が落ちにくいので、空気抵抗が大きいルアーや軽量ルアーのキャストでは余分なラインが放出されやすく、適切にサミング操作を行わないとバックラッシュなどのトラブルにつながりやすい一面もあります。

ですが、タトゥーラ TW 80 22年モデルのスプールは32mm径(幅21mm)という小口径なナロータイプです。

小口径でナローなスプールは、ライン放出による糸痩せ量(ラインを巻いている幅の減少)が大きく、適度にブレーキが効くことで過剰なライン放出を抑制してくれます。

そのため、SVスプール程ではないものの、十分軽量なルアーを扱いやすくトラブルも少ない性能です。

SVスプールに及ばない性能がある反面、遠投やヘビーデューティーに適していることが特徴です。

遠投向きのリールは適度に重さがあるルアーをロングキャストしやすいタイプが多かったのですが、小口径でナローなスプールにより、利用頻度が高い中量級ルアーに的を絞った遠投性能もタトゥーラ TW 80 22年モデル独自の魅力です。

カタログだけじゃ分からない TATULA TW 80徹底検証|Ultimate BASS by DAIWA Vol.427

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルでベイトフィネス

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルは、ベイトフィネス専用リールではありませんが、それでも軽量ルアーを扱える性能を持っています。

小口径でナローなスプールは、ライン放出による糸痩せ量が大きく、適度にブレーキが効くことで過剰なライン放出を抑制してくれます。

そのため、SVスプール程ではないものの、十分軽量なルアーを扱いやすくトラブルも少ない性能です。

ただし、重量があるスプールはキャスト時の回転数が落ちにくく、空気抵抗が大きいルアーや軽量ルアーのキャストでは余分なラインが放出されやすく、適切にサミング操作を行わないとバックラッシュなどのトラブルにつながりやすい一面もあります。

ですから、ベイトフィネスをする場合は、以下の点に注意してください。

– ラインはナイロンやフロロカーボンよりもPEやフロロラインの方が軽くてスプールに巻きやすいので、ベイトフィネスに適しています。
ラインの太さは、0.6号から1.2号程度がおすすめです。
ラインの長さは、スプールの満巻き目安の約80%程度にすると、スプールの回転数が安定しやすくなります。

– ルアーは、5gから10g程度のものがおすすめです。
それ以下のものは、スプールの回転数が落ちにくく、ラインの放出量が多くなりやすいので、サミング操作が難しくなります。
また、空気抵抗の大きいルアーは、同じ重さでも飛距離が出にくくなります。
ですから、ベイトフィネスには、空気抵抗の小さいルアーを選ぶと良いでしょう。
例えば、ジグヘッドやダウンショットリグなどのボトム系リグや、スプーンやスピナーベイトなどのメタル系ルアーなどが適しています。

– キャストは、オーバーヘッドキャストやサイドキャストよりも、ピッチングやアンダーハンドキャストの方が、ルアーの加速度が小さくなり、スプールの回転数が安定しやすくなります。
また、キャスト時には、リールのブレーキを適切に調整することが重要です。
ブレーキが強すぎると、飛距離が出にくくなりますが、弱すぎると、バックラッシュが起こりやすくなります。
ブレーキの調整方法は、以下の通りです。

– ブレーキダイヤルを最小にして、ルアーをハンドルの高さに持ち上げます。
– ルアーを手で離して、自然に落下させます。
– ルアーが水面に着水したときに、スプールが少し回転して止まるくらいが適切なブレーキの強さです。
– スプールが回り続ける場合は、ブレーキダイヤルを少し右に回して、ブレーキを強くします。
– スプールが回らない場合は、ブレーキダイヤルを少し左に回して、ブレーキを弱くします。
– ルアーの重さや風向きなどによって、ブレーキの調整は変える必要があります。その際は、上記の手順を繰り返して、最適なブレーキの強さを見つけてください。

⇒【🔴高い耐久性とキャスタビリティ】ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデル

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルでロックフィッシュ

ロックフィッシュとは、岩場やテトラポッドなどの障害物の多いエリアに生息する魚の総称で、メバルやカサゴ、アイナメなどが代表的です。

ロックフィッシュは、障害物に潜んでいることが多く、そこから引きずり出すためには、パワフルなリールが必要です。

タトゥーラ TW 80 22年モデルは、アルミ製のタフなボディとスプールに、高い巻き上げ力とフッキング力を発揮する85mmのハンドルを備えており、ロックフィッシュの釣りに適しています。

私は、5gから15g程度のルアーを使って、ロックフィッシュを狙ってみました。その結果、以下のような感想を持ちました。

– キャスト性能は、良いと感じました。

スプールの回転数が安定しており、ブレーキの調整もしやすかったです。

空気抵抗の小さいルアーを選べば、かなりの飛距離を出せました。

また、ピッチングやアンダーハンドキャストなどの短距離キャストもしやすかったです。

ロックフィッシュの釣りでは、障害物のすき間にルアーを入れることが重要です。

タトゥーラ TW 80 22年モデルは、そのような狙い撃ちにも対応できるキャスト性能を持っています。

– 巻き上げ性能は、非常に良いと感じました。85mmのハンドルは、パワフルな巻き上げにはちょうど良い長さだと感じました。
また、ギア比が6.3というのも、巻物にはやや遅いですが、ボトム系のリグにはちょうど良い速さだと感じました。
ロックフィッシュの釣りでは、障害物に引っかかったり、魚が障害物に逃げ込んだりすることが多いので、強引に引きずり出すことが必要です。
タトゥーラ TW 80 22年モデルは、そのようなシチュエーションにも対応できる巻き上げ性能を持っています。

– 感度は、普通と感じました。
アルミ製のタフなボディとスプールは、ルアーのアクションや魚のアタリをしっかりと伝えてくれました。
ただし、PEラインを使うと、ラインの切れやすさが気になりました。
ロックフィッシュの釣りでは、障害物に擦れることが多いので、ラインの強度が重要です。
PEラインは、感度は高いですが、切れやすいです。
ナイロンやフロロカーボンは、感度は低いですが、切れにくいです。
ロックフィッシュの釣りでは、ラインの種類によって、感度と強度のバランスを考える必要があります。

ダイワ タトゥーラ TW 80 22年モデルのスプール

タトゥーラ TW 80 22年モデルは、直径32mm(幅21mm)の高強度アルミスプールを搭載しています。

このスプールは、軽量ルアーから重量ルアーまで幅広く対応できる性能を持っています。

その理由は、以下の3点にあります。

– 小口径でナローなスプールは、ライン放出による糸痩せ量(ラインを巻いている幅の減少)が大きく、適度にブレーキが効くことで過剰なライン放出を抑制してくれます。
そのため、SVスプール程ではないものの、十分軽量なルアーを扱いやすくトラブルも少ない性能です。

– 重量があるスプールはキャスト時の回転数が落ちにくく、マグフォースZブレーキとの相乗効果で遠投性能を期待できる点です。
逆に回転数が落ちにくいので、空気抵抗が大きいルアーや軽量ルアーのキャストでは余分なラインが放出されやすく、適切にサミング操作を行わないとバックラッシュなどのトラブルにつながりやすい一面もあります。
ですが、タトゥーラ TW 80 22年モデルのスプールは32mm径(幅21mm)という小口径なナロータイプです。
小口径でナローなスプールは、ライン放出による糸痩せ量(ラインを巻いている幅の減少)が大きく、適度にブレーキが効くことで過剰なライン放出を抑制してくれます。
そのため、SVスプール程ではないものの、十分軽量なルアーを扱いやすくトラブルも少ない性能です。

– ラインを巻いているスプールが丈夫なので、太軸フックを使ったカバーゲームでの強引なフッキングでも安心感があります。
アルミスプールは十分軽量ですが、ダイワ製品に多く採用されている「SVスプール」と比べると重量があり、得意・不得意が異なります。
メリットは、重量があるスプールはキャスト時の回転数が落ちにくく、マグフォースZブレーキとの相乗効果で遠投性能を期待できる点です。
逆に回転数が落ちにくいので、空気抵抗が大きいルアーや軽量ルアーのキャストでは余分なラインが放出されやすく、適切にサミング操作を行わないとバックラッシュなどのトラブルにつながりやすい一面もあります。
ですが、タトゥーラ TW 80 22年モデルのスプールは32mm径(幅21mm)という小口径なナロータイプです。
小口径でナローなスプールは、ライン放出による糸痩せ量(ラインを巻いている幅の減少)が大きく、適度にブレーキが効くことで過剰なライン放出を抑制してくれます。
そのため、SVスプール程ではないものの、十分軽量なルアーを扱いやすくトラブルも少ない性能です。

タイトルとURLをコピーしました