本ブログはプロモーションが含まれています

フックサイズで釣果が変わる?デプス ブルスライド 3.4inchのフック選びのポイントとは

デプス

⇒【爆釣確定!】デプス ブルスライド 3.4inch

高比重マテリアルと先端重心バランスによる高いキャスタビリティ性能と確かなバックスライドアクション、

シンプルなボディシルエットによる高いスリ抜け性能と低スタック率。

バックスライドワーム『ブルスライド』実釣解説/黒田健史

⇒【爆釣確定!】デプス ブルスライド 3.4inch

【3.4inchデプス ブルスライドのフック選びのポイント】

フックサイズの選び方
デプス ブルスライド 3.4inchは、小型のルアーですので、フックサイズは2番から4番程度のものが適しています。また、フックの形状はシングルフックがおすすめです。シングルフックは、トレブルフックよりもフッキング率が高く、フッキングした魚のバラシも少なくなるので、釣果をアップすることができます。

フックの配置
デプス ブルスライド 3.4inchには、フックを取り付けるための穴が2つ開いています。この穴の配置によって、ルアーのアクションやフッキング率が変化します。一般的には、先端の穴にフックを取り付けると、浅いレンジを攻めたときにアクションがよくなり、後方の穴に取り付けると深いレンジを攻めたときにアクションがよくなります。また、フックの角度も重要です。フックを真っ直ぐに取り付けると、魚が咥えたときにフッキングしにくくなりますので、少し斜めに取り付けるとよいでしょう。

デュオ ビーチウォーカー ヴィクト 105Sの発売日は新作サーフ用ルアーいろいろ買ってみました

フックの種類
デプス ブルスライド 3.4inchには、シングルフックを取り付けることがおすすめですが、その種類にもいくつかあります。例えば、スプリットリングでフックを固定する「リングフック」と、ルアー本体に直接フックを取り付ける「ワンホールフック」などがあります。どちらを選ぶかは、自分の釣り方や狙う魚種によって異なるので、試してみて自分に合ったフックを選ぶとよいでしょう。

フックのカラー
フックのカラーも釣果に影響します。デプス ブルスライド 3.4inchに取り付けるフックは、シルバーやブラックが一般的ですが、狙う魚種や水質によっては、ゴールドやレッドが有効な場合もあります。また、フックにラインを通すときに使用するスプリットリングのカラーも、ルアーとのバランスを考えて選ぶとよいでしょう。

デプス ブルスライド 3.4inchは、そのコンパクトなサイズにもかかわらず、非常に高い釣果を誇るルアーのひとつです。そのため、釣り人にとっては、このルアーを最大限に活用するための方法を探すことが大切です。

その中で、フックサイズが非常に重要な要素となっています。フックサイズを選ぶことで、釣果をアップすることができます。そこで、デプス ブルスライド 3.4inchのフック選びのポイントを解説します。

まず、デプス ブルスライド 3.4inchには、シングルフックとトレブルフックの両方が適用できます。シングルフックを使用する場合、フックサイズは #6 から #8 が適しています。一方、トレブルフックを使用する場合、フックサイズは #6 から #10 が適しています。

次に、フックサイズを選ぶ際に考慮するべきポイントとしては、使用する魚種や釣り場の状況があります。大型の魚を狙う場合は、より強靭なフックを使用することが必要です。また、釣り場の状況によってもフックサイズを調整する必要があります。例えば、草や木が生い茂る場所では、小さめのフックを使用することで、引っかかりを減らすことができます。

最後に、フックの種類によっても釣果が変わることがあります。デプス ブルスライド 3.4inchには、シングルフックとトレブルフックの両方が使用できますが、それぞれのフックには特徴があります。シングルフックは、フッキング率が高く、バレにくいというメリットがあります。一方、トレブルフックは、針数が多く、しっかりとフッキングすることができます。

以上のように、デプス ブルスライド 3.4inchのフックサイズは、釣り人にとって非常に重要な要素です。適切なフックサイズを選ぶことで、釣果をアップすることができます。釣り場や魚種に応じて、適切なフックサイズを選び、効果的に使いこなしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました