本ブログはプロモーションが含まれています

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nのインプレ 軽くて感度抜群!イカを釣りまくる方法

ダイワ

エギングとは、アオリイカを狙うルアーフィッシングの一種です。

エギと呼ばれるイカの形をしたルアーを使って、イカの好奇心を引き出し、口に咥えさせて釣り上げます。

エギングは、手軽に始められる上に、イカの引きが強くて面白いという魅力があります。

エギングを楽しむには、エギング専用のロッドが必要です。

エギングロッドは、エギを扱いやすいパワーで設計されており、ロッドの先端部分であるティップの感度がよいのが特徴です。

エギの動きやイカのアタリを感じやすく、釣りの楽しさを高めてくれます。

今回は、エギング初心者から上級者まで幅広くおすすめできるエギングロッド、ダイワ エメラルダスMX 86M・Nについてご紹介します。

このロッドは、ダイワの独自技術が多数搭載されたベーシックエギングロッドで、軽さ・感度・投げやすさのバランスが抜群です。

2.5号から4号までの幅広いエギに対応し、オールシーズン使えるのも魅力です。

この記事では、ダイワ エメラルダスMX 86M・Nのインプレ、特徴、使い方、スペックについて詳しく解説します。

エギングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

⇒【🔴ダイワの独自技術が多数搭載!】ダイワ エメラルダスMX 86M・N

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nのインプレ

私は、ダイワ エメラルダスMX 86M・Nを使って、秋のエギングを楽しんでみました。

このロッドは、95gと非常に軽く、長時間の釣りでも疲れませんでした。

重心が手元に近く、先重りもしないので、片手でも楽にラインの処理やしゃくりの動作ができます。

投げやすさも申し分ありません。

グリップが手に馴染んで握りやすく、軽快に投げられます。

変なクセもなく、エギの飛びも安定しています。

ライントラブルも起こりづらいので、ストレスフリーで釣りができます。

感度もまずまずで、水流の変化やエギの着底は問題なく感じ取れました。

ティップがしなやかで、イカのアタリもしっかり伝わってきます。

3号のエギを中心に使いましたが、2.5号や4号でも対応できました。

大型から小型まで、さまざまなイカを釣ることができました。

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nは、エギング初心者におすすめのロッドです。

軽くて扱いやすく、曲がり方のクセもないので、エギングの基本を身につけるのに最適です。

上級者の方にも、コストパフォーマンスの高いサブロッドとしておすすめできます。

前編【DaiwaエメラルダスMX】新発売エメラルダスMXの実釣レビューしてみた!【長崎エギング】【86MH-N】

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nの特徴

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nの特徴は、以下のとおりです。

– ブランクには、カーボン繊維を密に入れ高い強度と軽量さを実現したHVFナノプラスを採用。しなやかでブレのない使用感を提供します。

– ネジレ防止最適構造X45により、ネジレ剛性を向上させ、パワー・操作性・感度を高めます。

– 圧倒的軽量感を誇るカーボン製エアセンサーシートを採用。リールとの一体感が高く、手元の感覚が鋭敏になります。

– 全機種Kガイド(オールSICリング)を搭載。糸絡みを軽減し、ラインの通りをスムーズにします。

– 2.5号から4号までの幅広いエギに対応。オールシーズン使える汎用性の高いモデルです。

⇒【🔴ダイワの独自技術が多数搭載!】ダイワ エメラルダスMX 86M・N

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nの使い方

ダイワ エメラルダスMX 86M・Nの使い方は、以下のとおりです。

– まず、エギのサイズを決めます。季節や水温、イカのサイズに合わせて選びます。このロッドは、2.5号から4号まで対応できますが、3号が最も使いやすいと思います。

– 次に、エギのカラーを決めます。水色や透明度、天候、時間帯などに合わせて選びます。基本的には、明るい条件では暗いカラー、暗い条件では明るいカラーが目立ちやすいと言われています。

– そして、エギをロッドにセットします。PEラインは、0.5号から1.0号のものを使います。リーダーは、フロロカーボンの1.5号から2.5号のものを使います。エギとリーダーの結び目は、ユニノットやパロマールノットなどがおすすめです。

– 釣り場に着いたら、エギを投げます。このロッドは、軽くて投げやすいので、遠投も可能です。エギを投げたら、ラインを張ってエギを沈めます。エギが着底したら、ロッドを上に引き上げてエギを浮かせます。これを繰り返して、エギを泳がせます。

– エギにイカがアタったら、ロッドを強く上にあおります。これをフッキングと言います。フッキングしたら、ロッドを下に傾けてラインを張ります。これをポンピングと言います。ポンピングをしながら、イカを寄せてきます。イカが近づいたら、タモやランディングネットでイカを掬います。

ダイワ エメラルダス MX BOAT 70MLS-S・Q 22年モデルのインプレ ティップランもキャスティングもこれ一本!

【PR】記事内広告含む

タイトルとURLをコピーしました